ネット銀行比較
2017年8月16日公開(2017年10月20日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

【2017年版】ネット銀行人気ランキング!
この1年間で口座開設の申し込み数が最も多かった
ザイ・オンライン一番人気のネット銀行はここだ!

 ネット銀行の口座を開設するときに、定期預金や普通預金の金利を基準に選んだ人は多いだろう。しかし、2016年2月にマイナス金利が導入されたことにより、ほとんどの銀行で預金金利が引き下げられてしまった。今まで使っていたネット銀行がお得ではなくなってしまい、新たに口座を開設しようと思っている人もいるのではないだろうか。

 メインで使うネット銀行ならば、預金金利だけではなく、ATM手数料や振込手数料、ポイントが貯まるサービスなど、さまざまな観点から総合的にお得な銀行を選びたいところ。

 とはいえ、各銀行の手数料やサービスを自分で調べるのは、骨が折れる作業だろう。そんなときに参考になるのが「みんなに人気のネット銀行はどこか?」ということだ。「1番人気=1番優れている」とは言い切れないが、少なくとも、多くの人に選ばれるということは万人におすすめできるネット銀行のはず。

 そこで今回は、「2017年版 ネット銀行人気ランキング」を発表! この1年間にザイ・オンラインを通して行われた「ネット銀行の口座開設申し込み数」をすべて集計してランキングを作成したので、口座開設の参考にしていただきたい。

※集計期間は、2016年8月1日~2017年7月31日。
※記事中に掲載された金利などの情報は、すべて2017年8月15日時点のものです。

5位

【楽天銀行】
 「楽天証券」との口座連動で、普通預金金利が大幅アップ!

 第5位には、ネット銀行の中で口座数がもっとも多い「楽天銀行」がランクイン。

 「楽天銀行」の最大のメリットは、「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用することで、普通預金金利が0.02%⇒0.10%に大幅アップすること。マイナス金利が導入されたことにより、メガバンクの普通預金金利が0.001%に引き下がった今では、「楽天銀行」の金利0.10%は破格と言えるだろう。ちなみに、「楽天銀行」と「楽天証券」の口座を連動させると言っても、特に株式投資などをする必要はなく、ただ単にそれぞれの口座を開設して連動するように設定すればいいだけなので、投資に興味がない人でも安心だ。

◆楽天証券 【証券情報⇒楽天証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気の楽天証券の公式サイトはこちら!
【楽天証券の関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
楽天証券会社の公式サイトはこちら

 また、「楽天銀行」は、「楽天市場」などで利用できる「楽天スーパーポイント」が貯まるのも魅力。例えば、他行口座からの振込や口座振替、ATMでの入出金などで、それぞれ1件につき1~3ポイントを獲得できる。そのほかにも、かなりの頻度で50~100ポイントがプレゼントされるキャンペーンが行われているため、普段から「楽天市場」などを利用している人にとっては嬉しいサービスだ。

 楽天銀行⇒詳細ページはこちら!
【楽天銀行のおすすめポイント】
●「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を使えば、普通預金金利が5倍に大幅アップ!
●振り込みなど、さまざまな銀行取引で「楽天スーパーポイント」が貯まる!
●コンビニ・みずほ銀行などのATM手数料が、月最大7回まで無料

  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.10%(※1) 0.03% 0.03% 0.04%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1「楽天証券」保有者の「マネーブリッジ」適用時。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(ネット取引の場合・税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月0~7回まで
無料
(※1)
以降は200円
月0~7回まで無料(※1)
以降は250円
月0~7回まで
無料
(※1)
以降は200円
 同行あて:無料
 他行あて:
月0~3回まで
無料
(※2)、152~238円
(ゆうちょ銀行あては一律95円)
 ※1「ハッピープログラム」により、前月25日終了時点の預金残高が10万円以上または前月の取引5件以上で月1回、50万円以上または取引10件以上で月2回、100万円以上または取引20件以上で月5回、300万円以上または取引30件以上で月7回まで無料。※2「ハッピープログラム」により、前月25日終了時点の預金残高が10万円以上または前月の取引5件以上で月1回、50万円以上または取引10件以上で月2回、100万円以上または取引20件以上で月3回まで無料。

【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる

「普通預金金利が5倍になることも! 低コスト&多彩なメニューのネット銀行とは?
 
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!

ソニー銀行のお申し込みはこちら
4位

【住信SBIネット銀行】
サービス改善で、さらに手数料がお得に!

 第4位にランクインしたのは「住信SBIネット銀行」だ。昨年の「ネット銀行人気ランキング」では第1位に輝いたものの、今年は順位を落としてしまった。

 「住信SBIネット銀行」は、2016年2月に、商品やサービスの利用状況に応じてランクが決まり、そのランクによってATM出金手数料や振込手数料の無料回数が決まる制度「スマートプログラム」を開始した。例えば、最高ランクの「ランク4」であれば、ATM出金手数料と振込手数料がそれぞれ月15回まで無料になる。
(※関連記事はこちら!⇒住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

 さらに、2017年6月より、「スマートプログラム」のランクアップ条件が緩和。今まで、ランク2にアップする条件の1つに「総預金残高が100万円以上」があったが、2017年6月からは「総預金残高が30万円以上」と、ランクアップが容易になった。預金口座に30万円以上を預け入れるだけで、ATM出金手数料は月5回まで、他行あて振込手数料は月3回まで無料のランク2になれるので、ATM出金や他行あて振込をあまり使わない人であれば、各手数料を払わずに済むだろう。

 そのほかにも、「Visaデビットを3万円以上利用すると2商品としてカウント」「カードローン残高が50万円以上の場合は2商品としてカウント」など、ランクアップ条件が緩和された。詳細については、下記の記事を参考にしてほしい。
(※関連記事はこちら!⇒「住信SBIネット銀行」の使い勝手がさらにアップ!スマートプログラムの改善で、ATM出金手数料や振込手数料の無料回数を増やすのが簡単に!

 住信SBIネット銀行⇒詳細ページはこちら!
【住信SBIネット銀行のおすすめポイント】
 ●「SBI証券」の証券口座と連動する「ハイブリッド預金」をつくると、普通預金金利が大幅にアップ!
 ●休日でも夜でも24時間365日、無料回数内ならATM出金手数料が0円
 ●他行への振り込みが、最大月15回まで手数料0円
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.01%(※1) 0.20% 0.02% 0.02%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1 SBI証券口座保有者の「ハイブリッド預金」適用時。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円 同行あて:無料
他行あて:月1回~15回無料
(※)、以降は142円
 ※「スマートプログラム」のランクによって異なります。

【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!

住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

「住信SBIネット銀行」の使い勝手がさらにアップ!スマートプログラムの改善で、ATM出金手数料や振込手数料の無料回数を増やすのが簡単に!

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!

住信SBIネット銀行のお申し込みはこちら
3位

【イオン銀行】
普通預金金利がメガバンクの100倍!

 第2位の「イオン銀行」は、普通預金金利の高さが魅力の銀行だ。

 「イオン銀行」の普通預金金利は、通常0.001%とメガバンクと同程度。しかし、キャッシュカードとWAONが一体化したクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有していれば、「イオン銀行」の普通預金金利は0.10%に大幅アップする。つまり、メガバンクの100倍もの金利だ。

 例えば、普通預金金利が0.001%のメガバンクに100万円を預けた場合は、1年で10円(税引前)しか利子がつかない。しかし、「イオンカードセレクト」を保有して「イオン銀行」に100万円を預けた場合は、1年で1000円(税引前)も利子がつくのだ。

イオンカードセレクト
還元率 0.5~1%
「イオンカードセレクト」のカードフェイス
発行元 イオンクレジットサービス
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
「イオンカードセレクト」の公式サイトはこちら

 ちなみに、「イオンカードセレクト」は、「イオン銀行」の普通預金金利がアップするだけでなく、電子マネーの「WAON」にオートチャージした際、0.5%分のポイントを獲得できるというメリットもある。「WAON」の利用者ならば、ぜひ作っておきたいクレジットカードだ。
(※関連記事はこちら!⇒イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!

 イオン銀行⇒詳細ページはこちら!
【イオン銀行のおすすめポイント】
 ●「イオンカードセレクト」を保有していると、普通預金金利が0.1%に!
 ●ATMの出金手数料が24時間365日、何回でも無料!
 ●イオン銀行ATMは、全国に5805台(2016年末時点)。イオン、ミニストップ、“まいばすけっと”など、着実に増加中
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.10%(※1) 0.05% 0.10% 0.10%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1「イオンカードセレクト」保有者の場合。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
平日8:45~18:00は100円
それ以外は200円
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:200円

【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!

イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!

定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと100倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!

「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介

イオン銀行のお申し込みはこちら
2位

【新生銀行】
ネット銀行の中でも、ATMの使い勝手がピカイチ!

 第2位の「新生銀行」は、なんと言ってもATM出金手数料がお得だ。セブン-イレブンやファミリーマート(E-net)、ローソンやミニストップ(イオン銀行)といった提携コンビニのATMでは、いつでも何回でも出金手数料が無料。さらに、「ゆうちょATM」やJR東日本の駅構内にあるATM「VIEW ALTTE」でも、出金手数料が何回でも無料なのは大きなメリットだ。

 また、振込入金やファミリーマートのATM「E-net」での入出金で、Tポイントを獲得できるのも嬉しいところ。
(※関連記事はこちら!⇒「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!

 2016年度のサービス産業生産性協議会による顧客満足度調査で、「新生銀行」が銀行部門の第1位になったことからも、「新生銀行」のサービスがいかに優れているのかが見て取れる。

 新生銀行⇒詳細ページはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
 
●コンビニATMの出金手数料が、無条件で24時間365日、いつでも何回でも無料!
 ●普通預金感覚で使える「2週間満期預金」で年利0.05%の利息をゲット!
 ●ATMでの入出金や振込入金などの取引をするだけで、毎月Tポイントが貯まる!
 ●新規口座開設で300マイル、外貨預金の利用で最大2000マイルなど、ANAマイルが貯まる!
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
2週間 3年 5年
0.001% 0.05% 0.02% 0.02%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日、何回でも無料  同行あて:無料
 他行あて:月1~10回無料、以降97~285円
(※)
 ※「新生ステップアッププログラム」のステージによって、無料振り込みの回数および振込手数料は異なります。

【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に

「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
 
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!

新生銀行のお申し込みはこちら
1位

【ソニー銀行】
「ソニー」の安心感&総合的な使い勝手の良さが魅力!

 この1年間、ザイ・オンライン上で最も申し込みが多かったネット銀行は「ソニー銀行」だ。

 「ソニー銀行」の魅力の1つは、手数料がお得なことだ。例えば、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)では、いつでも何回でも出金手数料が無料、ローソンとファミリーマート(E-net)では、月5回まで出金手数料が無料となっている。他行あて振込手数料は月1回まで無料だが、Visaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」を保有している場合は、月2回まで無料だ。

 また、「ソニー」の圧倒的なブランド力も、「ソニー銀行」が多くの人に選ばれている理由の1つだろう。

 初めてネット銀行の口座を開設する際に「ネット銀行って本当に安全なの……?」と、気になる人は多いはず。その点、「ソニー銀行」は、世界的な電機メーカー「ソニー」の子会社であることから信頼性は高い。さらに、日本格付研究所やスタンダード&プアーズなどの信用格付機関による評価では、メガバンクに引けを取らない格付けをされている。
(※関連記事はこちら!⇒ネット銀行の格付けから、それぞれの信用度を検証!格付機関が「メガバンクより破綻リスクが低い!」と評価した、安全・安心なネット銀行はここだ!

 つまり、「ソニー銀行」は、ネット銀行ならではの手数料体系のお得さとメガバンクに引けを取らない信頼性を兼ね備えているわけだ。さらに、「積立定期預金」や「おまかせ入金サービス」などの使い勝手が良いサービスを取り揃えているのも、「ソニー銀行」が多くの人に選ばれている理由の1つだろう。

 ソニー銀行⇒詳細ページはこちら!
【ソニー銀行のおすすめポイント】
 ●日本全国で約9万台のATMが利用可能!
 ●セブン-イレブン、ミニストップのATMなら、24時間365日いつでも何回でも手数料無料!
 ●「おまかせ入金サービス」なら、他の銀行から毎月決まった金額を手数料無料で入金可能
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.001% 0.15% 0.02% 0.02%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日
何回でも無料
月4回まで無料、
5回目以降は100円
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:月1回無料
 2回目以降200円

【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!

「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
 
定期預金の利息にかかる20.315%の税金を0円に? 「ソニー銀行・積み立て定期預金」でコツコツ貯蓄&裏ワザで税引き前の利息を100%手に入れよう!

ソニー銀行のお申し込みはこちら

「2017年版 ネット銀行人気ランキング」の1~10位をまとめて発表!
第7位の「じぶん銀行」と第8位の「SBJ銀行」にも注目!

 さて、この1年間にザイ・オンライン上で申し込みが多かったネット銀行の1~10位をまとめると、下記の通りとなる。

■2017年版 ネット銀行人気ランキング(ザイ・オンライン調べ)
順位 銀行名 口座開設
1位  ソニー銀行⇒詳細ページはこちら!
口座開設はこちら
【関連記事】
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い?手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?!
2位  新生銀行⇒詳細ページはこちら!
口座開設はこちら
【関連記事】
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
3位  イオン銀行⇒詳細ページはこちら!
口座開設はこちら
【関連記事】
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと100倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
4位  住信SBIネット銀行⇒詳細ページはこちら!
口座開設はこちら
【関連記事】
住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままで、コンビニATM&振込手数料が無料!SBI証券利用者は金利アップで、さらに得する!
5位  楽天銀行⇒詳細ページはこちら!
口座開設はこちら
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
6位  オリックス銀行
口座開設はこちら
【関連記事】
【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!
7位  じぶん銀行⇒詳細ページはこちら!
口座開設はこちら
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
8位  SBJ銀行⇒詳細ページはこちら!
口座開設はこちら
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
9位  ジャパンネット銀行⇒詳細ページはこちら!
口座開設はこちら
【関連記事】
【ジャパンネット銀行の金利・手数料・メリット】1分でパスワードが切り替わる「トークン」を採用してセキュリティを強化!Yahoo!との提携でより便利に!
10位  関西アーバン銀行 いちょう並木支店⇒詳細ページはこちら!
口座開設はこちら
【関連記事】
【関西アーバン銀行の金利・手数料・メリットは?】創業90年以上を誇る地方銀行のインターネット支店は通常支店の15倍の高金利で定期預金が利用可能!
 ※2016年8月1日~2017年7月31日の期間における、ザイ・オンラインからの口座開設申し込み数を集計

 上位のネット銀行はもちろんだが、第7位の「じぶん銀行」にも注目したい。

 KDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資によって設立された「じぶん銀行」は、auユーザー向けの特典が充実しているネット銀行。例えば、「au STAR じぶん銀行特典」では、auの契約年数と取引条件の達成に応じて、毎月最大200 WALLETポイント、1年で最大2400 WALLETポイントを獲得できる。しかも、WALLETポイントは、「au WALLET プリペイドカード」にチャージすれば現金同様に使えるため、使い勝手も良好だ。

 「じぶん銀行」の普通預金金利と定期預金金利は、ネット銀行の中では決して高くないが、現金同様に使えるポイントを獲得できることを考えれば、他の銀行を利用するよりも得する場合がある。auユーザーならば、「じぶん銀行」での口座開設を検討するといいだろう。

 じぶん銀行⇒詳細ページはこちら!
【じぶん銀行のおすすめポイント】
●「じぶんプラス」のステージが上がると、コンビニ手数料が最高で月11回まで無料、他行あて振込み手数料が最高で月5回まで無料!
●「円定期セット預金」は、3カ月もの定期預金金利が最高で年2.46%に!
●「au」が親会社なだけあって、スマホアプリが使いやすい!

  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.001% 0.05% 0.03% 0.03%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2~11回まで無料
以降は100円
(※1)
 同行あて:無料
 他行あて:月0~5回まで無料、以降は月161~257円
※1、※2)
 ※1 「じぶんプラス」のステージによって異なります。※2 三菱東京UFJ銀行あての振込手数料はいつでも無料。

【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!

じぶん銀行のお申し込みはこちら

 また、第8位の「SBJ銀行」も要注目のネット銀行だ。

 「SBJ銀行」は、ATM出金手数料や他行あて振込手数料がそれぞれお得なのに加えて、ザイ・オンラインの定期預金金利ランキングでも常にトップクラスの高金利を誇るネット銀行。特に、5年ものの定期預金金利は0.30%と、他のネット銀行と比べてもかなり高い。3年~5年の定期預金を検討しているなら、「SBJ銀行」で口座開設するのがおすすめだ。
(※関連記事はこちら!⇒【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!

 SBJ銀行⇒詳細ページはこちら!
【SBJ銀行のおすすめポイント】
 
定期預金の金利がトップレベル!
 ●ATMの出金手数料が24時間365日、何回でも無料!
 ●他行への振込手数料が、月7回~回数無制限で無料!

⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.02% 0.20%(※1) 0.25% 0.30%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の場合。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日
何回でも無料
月10回~無制限で無料
以降は100円
(※1)
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:
月10回~無制限で無料(※1、※2)、以降は200円
 ※1 「SBJプレミアクラブ」のステータスによって、無料出金回数および無料振込回数は異なる。※2 ジャパンネット銀行あてと楽天銀行あての無料振込回数は月3回まで。

【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!

SBJ銀行のお申し込みはこちら

 「じぶん銀行」のように、auユーザーなどの特定の人だけが得するネット銀行や、「SBJ銀行」のように、それほど知名度は高くなくても魅力的なサービスを用意しているネット銀行もあるので、人気や知名度だけではなく、自分にとって使い勝手が良いかどうかで、銀行を選んでほしい。

 以上、この1年間にザイ・オンライン上で申し込まれたネット銀行をもとにした「2017年版 ネット銀行人気ランキング」を発表した。ネット銀行の口座開設を検討している人は、今回のランキングを参考にしてほしい。

ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら!  カードローンおすすめ比較 住宅ローンおすすめ比較
 【2017年11月15日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前) 口座開設は
コチラ!
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.10% 0.05% 0.10% 0.10%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!イオン銀行の公式サイトはこちら!
【イオン銀行おすすめポイント】
年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」の保有者なら、普通預金がメガバンクの定期預金を超える0.10%に ATM手数料が24時間いつでも何回でも無料となるイオン銀行ATMは、全国のイオン、ミニストップ、まいばすけっとなど、着実に台数が増加中!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと100倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
 ◆新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!新生銀行の公式サイトはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料なのが大きな魅力。普通預金金利は低めだが、すぐに使う予定のない資金なら年利0.05%の「2週間満期預金」でかしこく運用。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!
 ◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!ソニー銀行の公式サイトはこちら!
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら!
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?
住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.03% 0.03%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!じぶん銀行の公式サイトはこちら!
【じぶん銀行おすすめポイント】
2016年11月13日から、ステージによってお得な特典を利用できる新サービス「じぶんプラス」がスタート。ステージが上がれば、ATM利用手数料の無料回数が最高で月11回まで、他行あて振込み手数料が最高で月5回までアップ!。また、新規口座開設者限定で、3カ月もの定期預金金利が0.50%に!
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
※ 100万円を預けた場合の2017年11月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。

 

クレジットカードのおすすめ

すべての提携ATMの利用手数料が24時間365日、
いつでも何回でも無料! さらに銀行を利用すると
TポイントやANAマイルが貯まる⇒関連記事はこちら

じぶん銀行公式サイトはこちら!
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP