世界投資へのパスポート
2017年7月18日公開(2017年7月18日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

バフェットのコア銘柄である「ウェルズファーゴ」に
「架空口座スキャンダル」から立ち直る兆しが?
割安のまま放置された大手銀行株に買い場到来か!

ウェルズファーゴは、ウォーレン・バフェットが
筆頭株主となる大手銀行

 ウェルズファーゴ(ティッカーシンボル:WFC)は、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く大手銀行ですが、今、買い場が到来していると考えられます。

 同行は個人を相手にしたリテール・バンキングに強く、西部劇を思わせる駅馬車(ステージコーチ)のロゴは、個人を相手にした銀行の中で、最も価値あるブランドと言われています。

 ウォーレン・バフェットは、「アメリカを代表するブランド」に投資することを好みます。そんなわけで、バフェットの投資会社バークシャー・ハサウェイは、ウェルズファーゴの発行済み株式数の9.6%に相当する4.8億株を保有し、筆頭株主となっています。

ウェルズファーゴの評価を地に落とした
「架空口座スキャンダル」とは?

 ウェルズファーゴは、昔から生産性が高いことで知られてきました。行員に厳しいノルマを課し、成績の悪い行員は下から順番に解雇されます。

 同行は、「ひとりの預金者に対し、8つの商品を買わせなさい」というノルマを掲げ、普通預金口座と小切手口座(この2つは、ほぼ全ての顧客が開設します)だけではなく、クレジットカード、住宅ローン、証券投資口座など、さまざまな商品を勧めます。

 このように、沢山の商品をオファーすることを「クロスセリング」と言います。クロスセリングそのものは違法ではありません。むしろそれをどれだけ上手くやるか、が銀行経営の重要なポイントなのです。

 ところがウェルズファーゴでは、クロスセリングを強調し過ぎたため、成績の悪い行員がクビになることを恐れて、来店客が頼んでもいないのにクレジットカードをはじめ色々な口座を次々に開設し、顧客の署名(サイン)をねつ造する、といった不正が横行しました。これが架空口座スキャンダルです。

 このスキャンダルをマスコミから叩かれ、ウェルズファーゴの評判はガタ落ちになりました。その責任を取って同行のトップは入れ替えとなり、一切の営業目標が廃止されました。

 こうしたゴタゴタの中、ウェルズファーゴの株価は他行よりパフォーマンスが劣後しました。たとえば、2017年1月にトランプ政権への期待から長期金利が上昇し、銀行の利ザヤが拡大したことで、ウェルズファーゴの株価は上昇しました。しかし他の銀行は、もっとパフォーマンスが良かったのです。

先週発表の第2四半期決算では
回復の兆しが見られる

 さて、以上がこれまでの経緯ですが、先週発表された同行の第2四半期決算では、スキャンダルの後遺症から同行がかなり立ち直っていることが確認されました。

 先ず1株当たり利益(EPS)ですが、予想1.01ドルに対し1.07ドルでした。

 つぎに売上高は、予想222.3億ドルに対し222億ドルでした。

 純金利収入は、前期比+1.83億ドルの125億ドルでした。貸付金利の上昇が、調達金利の上昇のペースを上回ったのが利ザヤ拡大に寄与しました。純金利マージンは、前期比3ベーシスポイント改善し、2.90%になりました。

 貸倒引当金は、前年同期比-5.19億ドル(-48%)の5.55億ドルでした。損金計上は、前年同期比-2.69億ドルの6.55億ドルでした。

 つまり、貸付けの内容は健全なのです。支払遅延ローンもだんだん減少しています。

 同行の顧客は、モバイル・バンキングにどんどん移行しています。オンラインならびにモバイルのセッション数は増加基調です。

 それと引き換えに、支店への来店は減っています。これは、営業費用が軽減されることを示唆しています。

 同行は、住宅ローンのオリジネーション(=借り手のためにローンを組む作業)をオンラインで実行するサービスを、来年から実装します。

架空口座スキャンダルに関しては示談が成立
一度離れた顧客も戻り始める

 架空口座スキャンダルに関してですが、集団訴訟は1.42億ドルの賠償金を払うことで示談が成立しました。これは2002年以降のクレームに関して適用されます。

 カリフォルニア州政府は、架空口座スキャンダル発覚以降、ウェルズファーゴとのビジネスを凍結していましたが、現在は取引を再開しています。

経営の合理化と株主への還元の強化を実施

 ウェルズファーゴは、経営合理化計画を進めており、2018年末までに年間で20億ドルの費用圧縮を実現する見通しです。第2四半期のエフィシェンシー・レシオ(=売上高に占める費用比率)は61%でした。ターゲットとしては、55〜59%を目指しています。

 また同行は、配当を一株当たり39セントへ増配します。さらに、115億ドルの自社株買戻し(83億ドルから積み増し)を実行します。

【今週のまとめ】
スキャンダルによって割安に放置された
ウェルズファーゴに復活の兆しが!

 ウェルズファーゴ株は、架空口座スキャンダルにより、同行の歴史的な株価評価に照らして割安のまま放置されています。かつて同行は、他行に比べて1.5倍近いバリュエーションを誇っていました。しかし今は、他行とほぼ同程度のバリュエーションに甘んじています。

■ウェルズファーゴ(WFC)チャート/日足・1年
ウェルズファーゴ(WFC)チャート/日足・1年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 しかし営業姿勢を改め、係争を丸く収め、デジタル戦略をどんどん進めることで、再び元気を取り戻しつつあります。今回の決算発表では、そんな同行のターンアラウンドが鮮明に出ていたと思います。

【今週のピックアップ記事!】
増配株は「元本が増える銀行預金」「部屋数が増えるアパート」のようなもの! 追加投資をしなくても配当が増え、価値も上がる「増配株」のスゴさとは?
億トレーダーが大儲けした「倍増株」と、今後に期待している「注目株」を公開! ライザップグループのジーンズメイト、優待充実のすかいらーくに注目!
【2017年10月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で資産倍増計画![2018年版]】
1億円に早く近づく厳選56銘柄を公開
億超え投資家資産倍増の極意
・今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
プロが提言! 2018年に日本株を買うべき理由! 
・変化の追い風を先読み! 新デフレ&新興国株
・好業績&割安! 上方修正期待株&成長割安株
・第4次産業革命! 独自技術を持つ部品株
新iPhone上がる株 25
利回りが大幅アップ!「長期優遇あり」の優待株
・今買うべき新興国株投資信託ベスト25
ネット証券のサービスを徹底比較! 
・怖いのは死亡・入院だけじゃない!
「働けない」を 助ける保険! 
iDeCo個人型確定拠出年金老後貧乏脱出!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング