世界投資へのパスポート
2017年10月23日公開(2017年10月23日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

ゼネラル・エレクトリック(GE)は、業績悪化で
減配リスクが顕在化! 「凡ミス」による利益半減が
原因なので、来年早々に復活する可能性は高い!?

先週発表された
ゼネラル・エレクトリックの決算はメタメタ

 先週発表されたゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)の決算は、「ハッ!」と息を呑むほど悪い内容でした。

 EPSは、予想49セントに対し29セントにとどまりました。また営業キャッシュフローは、前年同期に比べて12億ドルも少なかったです。なお、売上高成長率が前年同期比+11%だったのは、ベーカー・ヒューズ(ティッカーシンボル:BHGE)を買収したためです。

 特に営業キャッシュフローが配当を払い出すのに必要な金額を下回っていたため、減配リスクが顕在化しました。

ゼネラル・エレクトリックの
営業キャッシュフローが悪化した理由

 ゼネラル・エレクトリックの営業キャッシュフローが悪化した理由は二つあります。

 まず、発電タービン部門から上がってくる営業キャッシュフローが、たいへん貧弱でした。同部門は、以前より少し出力の小さいタービンへと需要の中心が移っているという市場環境の微妙な変化を見落とした結果、生産の絞り込みが遅れ、大量の仕掛け品在庫を抱えてしまいました。

 次に、ゼネラル・エレクトリックは金融サービス事業であるGEキャピタルを処分しましたが、そのGEキャピタルからゼネラル・エレクトリックに対して支払われるべき配当が、今回は見送られました。その理由は、「損害保険の払い出しニーズがどのくらいあるのか?」を確定する作業が未だ済んでおらず、それが済むまでは配当を出せなかったという事情によります。

 GEキャピタルは、今年上半期、ゼネラル・エレクトリックに対して410億ドルの配当を払っているので、これが滞るとゼネラル・エレクトリックにとっても大きなインパクトがあります。

 なお、これは一時的な事情であり、保険払い出し額のリビューが終われば速やかに支払われると思われます。

 いずれにせよ現在の状況では、ゼネラル・エレクトリックは営業キャッシュフローが配当を下回る、いわゆる「タコ配当」の状況に陥っており、来る11月13日のアナリスト・デーで減配が発表されるリスクが高いです。

ゼネラル・エレクトリックの経営改革は
成功するのか?

 ここまでの説明だと、ゼネラル・エレクトリックは重症の病に罹っているように見えます。しかし同社の経営内容は、それほど絶望的ではないと思います。

 まず同社の売上構成は、下のチャートのようになっています。

 このうち発電タービンのビジネスだけが、今期売上高が前年比-4%、営業利益は前年比-51%とスランプに陥っています。しかしそれ以外の事業部は、前年比+5%~+8%の増収を確保しており、安定的に推移しています。

 次に、主要事業部の収益性を見ると、ジェット・エンジンのビジネスが最も儲かることがわかります。

 なお、去年の第3四半期の発電タービンの営業利益率は14%でしたので、同部門は利益率が半減していることになります。

 次に、各事業部がゼネラル・エレクトリックの影響にどれだけ貢献しているかを見ると、下のパイチャートのようになります。

 ジェット・エンジンとヘルスケアが利益の大半を稼いでいるわけです。つまり、発電タービンのビジネスがターン・アラウンドすれば、ゼネラル・エレクトリックの業績は急回復するのです。

業績改善のキーとなるのは
発電タービンのビジネス

 スランプに陥っている発電タービンのビジネスは、競争力の欠如が問題なのではありません。実際、世界の発電所の3割は同社のタービンによって駆動されており、市場支配力は申し分ありません。

 同社は既に発電タービン部門の経営トップを入れ替え、改革に乗り出しています。

11月13日に開催される
アナリスト・デーで予想されることは?

 今回のアナリスト・デーでは、包括的かつ抜本的な経営改革が打ち出されると思います。そこでは、結果重視で責任の所在を明確化する企業風土への脱皮が掲げられると思います。

 さらに営業キャッシュフローを最優先する経営に移行し、資本配分もリターンを生む事業への傾斜を強めることが予想されます。

 また、2年以内に200億ドル相当のビジネスを売却し、2018年中に営業費用を20億ドル圧縮することも正式発表されると思います。

【今週のまとめ】
ゼネラル・エレクトリックの事業立て直しは比較的容易
来年早々のターン・アラウンドを予想

 ゼネラル・エレクトリックの第3四半期決算は、メタメタに悪かったです。しかし問題は発電タービン部門に集中しており、しかもそれは需要を読み間違えるという「凡ミス」によるところが大きかったです。

 事業の立て直し、ならびに営業キャッシュフローを増やすことは、比較的容易だと思われます。目先は「タコ配当」になっているので減配リスクがありますが、来年早々にもターン・アラウンド(事業再生)が明確になると思われます。

ゼネラル・エレクトリック(GE)チャート/日足・1年ゼネラル・エレクトリック(GE)チャート/日足・1年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示
【今週のピックアップ記事!】
カリフォルニア北部の大規模山火事により急落したパシフィック・ガス&エレクトリックは、今が買い? 世間の「悪者探し」の標的になり投げ売り状態に!
資産1億円超の投資家3人が「サラリーマンでも1年で資産倍増」できる極意を伝授!「資産倍増」を可能にする売買ルールや銘柄選び、2018年の大化け株とは?
【2018年2月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

儲かる高配当株
桐谷さんの「株」入門
ふるさと納税カタログ

4月号2月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株価が乱高下する今こそ高配当株で1億円作る】
【別冊付録】丸ごと1冊桐谷さんの「株」入門
 ・「株」の買い方ギモン解消BOOK
 ・初心者も安心! 口座開設から注文方法まで! 
●最高4.53%!儲かる高配当株86を大公開
 ・株投資で1億円を作った勝ち組8人の投資ワザ
 ・高値圏の今こそ高配当株に注目すべき理由! 
 ・20万円以下で買える! 初心者向け高配当
 ・増収増益が続く好業績高配当株
 ・上場5年以内の急成長高配当
 ・不景気時も減配しない高配当
今こそ買いの米国株ベスト22
 ・年間200万円の配当をゲットの個人投資家
 ・米国の高配当株ベスト11
 ・米国の成長株ベスト11
ふるさと納税月別カタログ&王道の返礼品
毎月分配型投信100本の最新利回り&分配健全度
儲けた人のNISAの上手な使い方
退職金は専用定期で無リスクで増やせ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング