世界投資へのパスポート
【第379回】 2015年8月16日公開(2015年8月16日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

人民元切り下げでパンドラの箱は開いた。
相場はトレーディング的には反発局面だが
「深追いは禁物」の理由とは?

<今回のまとめ>
1.人民元の切り下げで、センチメントは悲観に傾いた
2.しかしイベント・リスクは高くなっている
3.米国の利上げは中国政府の努力を台無しにしかねない
4.人民元の切り下げが、これで打ち止めになる保証はない
5.新しい不確実性が生じた以上、慎重に行動すべし

人民元切り下げで投資家はビックリしたが、
いまは落ち着きを取り戻した

 先週、中国人民銀行が人民元を切り下げました。これに驚いた世界のマーケットは新興国市場を中心に調整しました。

 その後、中国人民銀行が市場をなだめるコメントをしたため、人民元相場は落ち着きを取り戻しています。

センチメント的には反発もあるが
今後1~2カ月のスパンでは注意が必要

 米国の株式市場の参加者のセンチメントを見ると、かなり悲観が増え、目先的には相場が底入れしやすい状況となっています。下はブルベア指数です。

 ブルベア指数とは、全米の株式ニュースレターの「強気」ないしは「弱気」を集計したもので、米国で最も歴史の古いセンチメント指標のひとつです。

 この指数は、「強気が多ければ多いほど、相場は逆に下がる」という風に解釈します。つまり逆指標というわけです。現在は強気が40.2で去年の10月22日以来、最も少なくなっています。これは買い場が近いことを示唆しています。

 このため今週はマーケットが反発してもおかしくないと思います。

 ただ今後1~2か月の展望を考えると、イベント・リスクは極めて高いと思います。

米国の利上げを巡る不確実性。
市場関係者はほぼ50:50と予想

 その最大のものは米国連邦準備制度理事会(FRB)の次の出方です。具体的には米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートを、現行の0~0.25%から0.50%へ引き上げるかどうかが注目されています。

 その可能性を知るひとつの方法として、先物市場で取引されているフェデラルファンズ・フューチャーズの価格から、トレーダーたちがどのくらいの確率で利上げが実施されると織り込んでいるかを逆算する方法が知られています。

 説明が煩雑になるのでその計算方法は今回省略しますが、結論として、先週金曜日(8月14日)の段階で市場参加者は「45%の確率で9月17日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げがある」と見ています。

 45%の確率は、限りなく50:50に近いです。つまりどちらに転んでもおかしくないわけです。

もしFRBが利上げしたら、
米中の関係が市場に不安を与える

 もし9月17日にFRBが利上げしたら中国は苦しい立場に追い込まれます。なぜならこのところの1年物貸出基準金利の利下げ(現行は4.85%)や人民元の切り下げは、いずれも中国経済をテコ入れするための措置だったからです。

 この場面でFRBが利上げすると、それはドル高要因であり、せっかく切り下げた人民元が、また各国通貨に対して強含むことを意味します。これは中国の努力を台無しにする行為です。

 もし中国とアメリカとの間で金利政策面での協調が無いと投資家が感じると、それはちょうど1987年にドイツとアメリカの不協和音がブラックマンデーの引き金になったように投資家を不安に陥れるでしょう。

先週の人民元切り下げで
中国経済がプラスになるかは未知数

 もうひとつの不確実性は、中国経済の減速が、実際、どのくらい深刻か? という問題です。

 先週の人民元切り下げは、言うまでもなく景気を支援する意図でなされたものです。しかし3%程度の元安誘導が、実体経済にとってどれほどプラスになるかは未知数だと思います。

 中国政府は、更なる利下げを打ち出してくる可能性があります。しかし前回、中国人民銀行が1年物貸出基準金利を引き下げたときは、市場参加者は(中国経済は、そんなに深刻な状態なのか?)とこれを嫌気し、株式市場が急落しました。つまり中央銀行が後手に回っている観が否めないわけです。

中国政府だって間違える事はある。
ダラダラとした人民元安が続く可能性も

 このような一連の出来事は投資家に(中国政府だって間違える事はある)という印象を与えています。つまり完全無欠のオーラが消えてしまったわけです。

 同様のことは日本も過去に経験しました。1980年代までは欧米人は(日本の通産省は、やること成すこと、すべて完璧だ)という尊敬というか畏怖(いふ)の念を抱いていました。しかしバブル崩壊後は、一転して、何をやっても上手く行かないという焦燥(しょうそう)にさいなまれたのです。

 いま、中国の経済運営は、魔法が消えかかっている大事な局面に来ています。よく「景気は気から」と言いますが、国民や事業主の中国政府への信頼感が失われると、取り返しのつかないことになるリスクがあるのです。

 いくら中国人民銀行が「今回の人民元の切り下げは、これで終わりだ」と主張しても、人民元の切り下げが景気浮揚効果を目指しているものである以上、肝心の景気が上向かないことには切り下げを打ち止めにすることは出来ないのです。その場合、ダラダラとした人民元安が続く可能性は排除できないでしょう。

 つまり先週、中国人民銀行が人民元と米ドルとのペッグをやめてしまったことは、喩えて言えばパンドラの箱を開けてしまったのと同じだということです。これからどんな災いが世界経済に降りかかってくるかは、誰にもわからないのです。

 なるほど上で見たようにマーケットのセンチメントは悲観の方向に振れたので、目先的にはトレーディングBUYかも知れません。でも新しい不確実性が世界経済にもたらされている以上、我々は慎重になるべきです。

 ここはキャッシュポジションを高く維持し、守りに徹することをお勧めします。

【2016年11月1日時点】
  ◆【証券会社おすすめ比較】ネット証券3社の米国株式取扱い最新情報
 ~3社とも外国証券取引口座開設と管理料は無料! 1単位から売買可能~
 ◆マネックス証券【証券会社情報⇒マネックス証券の紹介ページ】
取扱銘柄 取引手数料(税抜)
3347銘柄以上
(NYSE・NYSE Arca・NYSE MKT・
NASDAQ上場の約3000銘柄と
米国ETF250銘柄、ADR60銘柄)
1約定あたり約定代金の0.45%
(最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル)

【マネックス証券の米国株式の特長】
【取引時間(日本時間)】
・夏時間……21:00~9:00 冬時間……22:00~10:00 
※夏時間(4月第1日曜日~10月最終日曜日)、冬時間(10月最終日曜日~翌年4月第1日曜日)
【注文受付時間】24時間 
【注文の種類】成行注文、指値注文、逆指値注文、連続注文、OCO注文
【注文有効期限】最長90日先まで指定可能
【決済方法】外国株口座へ入金し円から米ドルへ為替振替後に売買。または証券総合取引口座に保有する米ドル建てMMF・債券投資用の米ドルを外国株取引口座へ資金振替後に売買

【関連記事】
マネックス証券おすすめのポイントはココだ!日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
 ◆SBI証券【証券会社情報⇒SBI証券の紹介ページ】
取扱銘柄 取引手数料(税抜)

1406銘柄以上
(NYSE・NYSE Arca・
NASDAQ上場の約1000銘柄、
米国ETF約240銘柄、ADR約110銘柄)

1約定あたり約定代金の0.45%
(最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル)

【SBI証券の米国株式の特長】
【取引時間(日本時間)】
・夏時間……22:30~5:00  冬時間……23:30~6:00
※夏時間(4月第1日曜日~10月最終日曜日)、冬時間(10月最終日曜日~翌年4月第1日曜日)
【注文受付時間】夏時間……22:30~5:00  冬時間……23:30~6:00
【注文の種類】指値のみ
【注文有効期限】当日中もしくは期間指定(発注日を含む最長7米国営業日まで指定可能)
【決済方法】米ドルによる「外貨決済」又は日本円による「円貨決済」(取引は完全前受金制)

【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!

◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!~IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え!通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
SBI証券の公式サイトはこちら!
 ◆楽天証券【証券会社情報⇒楽天証券の紹介ページ】
取扱銘柄 取引手数料(税抜)
1309銘柄以上
(NYSE・NYSE Arca・
NASDAQ上場の約930銘柄、
米国ETF約240銘柄、ADR約120銘柄)
1000株まで、25米ドル
※1000株を超えた分は、1株毎に2セント追加

【楽天証券の米国株式の特長】
【取引時間(日本時間)】(月~金)
 ・外貨決済  夏時間……15:00~5:00 冬時間……15:00~6:00
 ・円貨決済  夏時間……17:15~5:00 冬時間……17:00~6:00 
※夏時間(4月第1日曜日~10月最終日曜日)、冬時間(10月最終日曜日~翌年4月第1日曜日)
【注文受付時間】(月~金)
 ・外貨決済  夏時間……15:00~5:00 冬時間……15:00~6:00
 ・円貨決済  夏時間……17:15~5:00 冬時間……17:00~6:00 
【注文の種類】指値および成行注文
【決済方法】円または米ドル。米ドル決済の場合は円から米ドルへ為替振替、または米ドルの振込、米ドルMMFからの購入

【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!

◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が詳細で見やすい!
楽天証券の公式サイトはこちら!
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!