世界投資へのパスポート
【第381回】 2015年8月31日公開(2017年11月17日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

中国は、やっぱり米国債を売っていた!
中国政府の中国株、人民元買い支えが、
米国株にとっても対岸の火事ではない理由

<今回のまとめ>
1.普通、株式市場が荒れると米国債が買われる
2.ところが今回は、米国債は売られた
3.売りの張本人は中国だった
4.中国政府は中国株や人民元を買い支える資金作りのために米国債を売却した
5.米国での金利上昇は不景気を招くリスクがある

株式市場が売られているのに債券は買われなかった

 8月11日に中国が人民元の切り下げを行って以来、世界のマーケットは乱高下しています。普通、このように相場が荒れる局面では投資家は比較的安全だと思われる米国債に避難するので、米国債の価格は上昇(利回りは低下)します。なるほど8月20日頃までは米国10年債の利回りは低下していたのですが、その後、どういうわけか利回りは急上昇しはじめました。

売りの本尊は中国政府。
中国株を買い支える資金になった

 ウォール街関係者によると「中国政府が米国財務省証券を売っていた」(バロンズ)のだそうです。

 海外投資家のうち、世界で最もたくさん米国債を保有しているのは日本で、2月の時点で19.87%となっています。中国は第2位で19.86%を保有しています。

 この巨大な保有者が、一時的にせよ売りに回ったということは、ウォール街でかなり話題になりました。

 中国が米国債を一部処分したのは、そのカネで人民元と中国株を買い支えるためです。今回、中国の中央銀行が処分した米国債は金額にして150億ドル相当だったそうです。

 中国による米国債の処分は、米国連邦準備制度委員会(FRB)に代わって、中国人民銀行が米国の金融政策を引き締めたのと同じ効果があります。FRBが9月17日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、おいそれと利上げ出来ない理由は、ここにあるのです。

世界全体の借金は、
リーマンショック以降も増えている!

 リーマンショックが起きた時、「レバレッジが高すぎる」「借金を圧縮しなければいけない」という議論が出ました。しかし世界全体の債務残高は2007年の142兆ドルから、現在は200兆ドルへ増えてしまっています。とりわけ政府による借金(=国債)と、ジャンク債などによる企業の借金の増加が目に余ります。

 これらの投資不適格債の多くは、シェール企業が発行したものです。

財務制約条件の緩い案件が増え、
乱脈な借り方が増えている

 普通、企業などのお金の借り手が借金するときは、債券の投資家などのお金の出し手が、そのお金の使途に関してうるさく注文をつけるものです。しかし融資競争が過熱化すると、コベナント・ライトと呼ばれる、財務制約条件のゆるい案件が増えます。

 つまり貸す方も、借りる方も、放埓(ほうらつ)になるわけです。とりわけ企業の借り手は、リーマンショックが襲った当時に比べても、現在の方がずっと乱脈な借り方をしていると思います。折から原油価格の急落で大半のシェール企業は赤字に転落しています。焦げ付きが増えるのは、大体、こういう時です。

まとめ……米国債が売られると米国経済に悪影響を及ぼす

 まとめると、中国政府は中国株や人民元を買い支えるための資金を、米国債を売ることで捻出しています。それは米国における金利上昇を招き、ひいては住宅ローン金利の上昇など、アメリカ経済にとって悪い影響を与える可能性があるのです。
 

【2017年12月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP