ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

ユーロ不安が勝ち組通貨へ連鎖
期待される円安もしばし「お預け」

田中泰輔
2010年6月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 為替市場におけるユーロ不安の増幅連鎖の跡をたどってみよう。図1は、脆弱化するユーロと、この間の大半の期間に買い持ち通貨の筆頭格だった豪ドルを対比している。

 まず昨年11月のギリシャ債務問題の発覚以来、市場はユーロ売りに傾斜。今年1月上旬になってもギリシャ支援措置がまとまらず、豪ドルを含むリスク通貨全般が一時失望でぐらついた。

 しかし2月以降、ギリシャ問題がいつまでも放置されるはずはなく、世界景気はサポートされるとの楽観から、豪ドルやアジア通貨、ユーロ周辺ではノルウェー・クローネなどが買い持ち通貨として選好された(図2、3)。

 もっとも、その後もユーロ圏当局の支援策は後手に回り、5月に再び不安が拡大。これら買い持ち通貨が徒となって不安が増幅された面がある。

 豪ドルやアジア通貨は対ドル、対円で反落し始めたが、図2を見ると、対ユーロで豪ドルやノルウェー・クローネの買い持ちは好パフォーマンスを持続した。しかしユーロの一段安でついに豪ドルなど買い持ち通貨へ動揺が広がり、これらポジションの巻き戻しが一気に進んだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧