ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む

間違った売り込みが一番危険!
富裕層への上手なアプローチ法

小林昇太郎 [船井総合研究所 経営コンサルタント、富裕層ビジネス研究会主宰]
【第22回】 2010年6月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

各社が抱える富裕層ビジネスの課題

 「富裕層とは一体何処で巡り会えるのか?」

 「富裕層への確実なアプローチ方法とは?」

 最近、このような質問・相談を受けることが多くなっている。百貨店の外商、ハイジュエリーや高級車、プライベートジェットの販売会社、プライベートバンクなど、これまでも長く富裕層ビジネスに携わってきた企業でさえも常にこういった問題に頭を悩まされている。先日も富裕層ビジネスの成功に向けたテーマで講演を行ったが、そこに参加頂いた企業の関心事の6割以上は「富裕層へのアプローチ」をどうすべきかであった。

 こういった課題を抱える多くの企業には、例えばこれまでも決して安くはない広告宣伝費を払いながら、しかしその費用対効果の低さに頭を悩ませているという現実がある。富裕層向け雑誌1つとってみても、その中には多くの富裕層を対象とした商材、サービスの広告が溢れており、どこまでそれが各社の戦略的な裏づけの中で掲載されているのかは疑問だ。

 企業の多くは、ただ闇雲に高い広告費を払い続けているだけで、そこから目に見える成果を生み出すことができてはいないようである。一言断っておきたいが、ここでは富裕層向け雑誌そのものを否定しているわけではない。それを活用する側にも考え、解決していくべき課題があるという意味で述べていることをご理解いただきたい。

 富裕層の人たちは、これまでにも様々な場面で多くの商材、サービスの売り込みを受けている。そして、彼らは一方的でしつこい売り込みに対して嫌気がさしている。そのような状況下、たとえ売る側にとっては初めてのアプローチであっても容易には聞く耳を持ってもらえないことの方が多く、富裕層の側からすると「またか…」というのが偽らざる心の声となっている。そして多くの場合、富裕層へ間違ったアプローチをしてしまった企業は、その提案に全く興味、関心を示してもらえないのである。

「たった1人の見込み客のための広告」を!
鍵は徹底的なコミュニケーション

 では、富裕層への効果的なアプローチとして一体何が有効な手段となり得るのか。

 これを考えていく上で非常に参考になる、ある富裕層ビジネスをされている経営者の方の印象深い一言をご紹介しよう。先ほどアプローチの1つの切り口として富裕層向けの雑誌広告に触れたが、それに関するものだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小林昇太郎 [船井総合研究所 経営コンサルタント、富裕層ビジネス研究会主宰]


立教大学大学院 経営管理学修了。「日本をはじめ、世界の富裕層ビジネスの今を知ることが富裕層ビジネ スへの参入だけでなく、日本の多くの経営者の抱えている既存・新規ビジネスへの経営課題をも解決する」と考え、2009年4月、富裕層ビジネス研究会を立 ち上げる。研究会には、国内だけでなく東南アジア、香港、中東など海外から研究会への入会も多く、研究会からいくつもの新規事業を立ち上げている。多方面に渡るネットワークを国内外に持ち、それを活用しながら日本とアジアをつなぐビジネスプラットフォーム構築を船井総研の中で手がける。
著書:『ビリオネアビジネスの極意』(KKベストセラーズ)他。

富裕層ビジネス研究会 サイト

アジア進出.com~業種とテーマに精通する船井総研だからこそのアジア進出サポート

 


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧