世界投資へのパスポート
【第403回】 2016年2月1日公開(2016年2月15日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

日銀のマイナス金利導入を世界は歓迎!
NY市場では「ダメ押し」の買いシグナルが点灯、
ここは積極的に株を買っていく局面だ!

<今回のまとめ>
1.日銀のマイナス金利導入は世界で歓迎された
2.連邦公開市場委員会声明文は意外にタカ派的だった
3.米国の第4四半期GDPは弱かった
4.フェイスブックの決算は良かった
5.アマゾンの決算は悪かった

日銀のマイナス金利導入は
世界中の株式市場で歓迎された

 先週金曜日、日銀がマイナス金利導入を発表しました。このニュースは日本だけでなく欧州市場、米国市場でも好感されました。先週を通じて一進一退を繰り返していたS&P500指数は金曜日に+2.48%、週間ベースでも+1.8%の上昇となりました。

 このためNY市場はいわゆるフォロースルー・デーと呼ばれる、上昇トレンドが始まったことを確認する「ダメ押し」のサインが出ました。

 ここは積極的に買い出動すべき局面です。

連邦公開市場委員会(FOMC)声明文は
意外にタカ派的だった

 先週開催されていた連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利(0.50%)に変更はありませんでした。声明文の中には「世界の経済ならびに金融市場の動向を注意深く見守る」という記述が盛り込まれました。これは投資家を安心させる意図があります。

 その反面、「力強い雇用の創出により、労働力が十分に活用されてなかったこれまでの状況は、解消されつつある」という表現が用いられ、一部投資家が抱いていた(次のアクションは、利上げではなく、むしろ利下げだろう)という予想は、期待を裏切られた格好でした。

米国第4四半期GDP速報値は悪かったものの
それほど酷い数字ではなかった

 先週発表された米国の第4四半期GDP速報値は+0.7%と予想+0.8%を下回りました。

 その細目のうち、個人消費支出(PCE)は+2.2%で第3四半期の+3.0%から鈍化しました。

 このように第4四半期GDPの数字は決して良くありませんでしたが、一部投資家が懸念していたような酷い数字ではなかったので、「これでむしろここからは買って行ける」という声も聞かれました。

フェイスブックは好決算を発表
売上高成長率は前年比+50%超に

 先週発表された決算では、良い企業とそうでない企業が明暗を分けました。

 まず良い決算を出した企業ではフェイスブック(ティッカーシンボル:FB)があります。同社の第4四半期決算はEPSが予想68¢に対し79¢、売上高が予想53.7億ドルに対し58.4億ドルと大幅に予想を上回りました。特に売上高成長率は前年比+51.7%でした。

 今回の決算ではR&D(研究開発)費用と営業マーケティング費用を絞り込むことに成功していました。

 その結果、営業マージンは良い感じで急伸しました。

アマゾンの決算は売上高予想に達せず。
AWSの成長率鈍化に投資家は落胆

 これと対照的に悪かったのがアマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)の決算です。EPSは予想$1.58に対して$1.00でした。また売上高は予想359.8億ドルに対して357.5億ドルでした。売上高成長率は前年比+21.9%でした。

 特に投資家の落胆を誘ったのはAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)の成長率の鈍化です。同部門の営業収益は+186%の6.87億ドルでした。売上高は+69%の24億ドルでした。

 ちなみに前期の営業収益は+432%、売上高は+78%でした。

【2017年7月3日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!