ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダイヤモンドZAi最新記事
2016年3月8日公開(2016年3月8日更新)
バックナンバー

「ダイヤモンドZAi最新記事」

著者・コラム紹介

ダイヤモンドZAi最新記事

2016年7月号の『ダイヤモンド・ザイ』

【2016年5月21日(土)発売の最新号!】ザイ編集部発! めちゃくちゃ売れているマネー誌『ダイヤモンド・ザイ』より、よりすぐりの記事を公開。株、投信、FX、節約、先物などなど、マネーに関わる最新の情報が続々登場!最新号のご購入はコチラ

【最大30%OFF!】今だけお得な『定期購読』のご案内!

「ザイクラブ・アンケート」はこちら!

ザイ編集部

いまから長期で資産を大きく増やすなら
株式型の投資信託を積み立てなさい!
日本株、外国株のおすすめ投資信託8本も公開!

長期で大きく資産を増やすなら、値上がり益が狙える株式を中心に据えて考えることも必要だ。そこでスタートさせたいのが、少額から投資可能な株式型投資信託の積み立てだ。リスクを抑えつつ、下落時の買い場もしっかり拾ってくれる積み立てならではのメリットとともに具体的なオススメ投資信託も紹介しよう。

なぜ株式型投資信託の積み立てが
いいのかをきっちり理解せよ!

 今後、資産を増やしていくには、いったい何に投資するのが正解なのか。

 株式、債券など、さまざまな選択肢があるが、まず、債券市場を見てみると、世界的に低金利状態が続くなか、インパクトは薄いと言わざるをえない。さらに、米国の利上げで金利上昇となれば、債券価格は下落する。グローバル規模で債券市場の見通しは厳しそうだ。一方で、中長期で見れば、右肩上がりが続く米国株やアベノミクス以降上昇して来た日本株など、株式の上昇率は魅力的。やはり長期で大きくお金を増やしていくならば、値上がり益を狙える株式が王道。これからの資産形成は、株式を中心に据え、考えていくことも必要なのだ。

 とはいえ、ここ数年の世界の株式市場の動向を振り返ると、上昇局面もありつつ、現状の下落局面のほか、2015年だけでも、7月のギリシャのデフォルトやユーロからの離脱懸念による連鎖的下落や、8月のチャイナショックなど、たびたび市場を震撼させる株安が起こっている。

 もちろん、こうした下落局面で買ってこそ、資産を大きく増やすことができるわけだが、あのタイミングで大胆に買える投資家は限られてくるはずだ。

 では、どうしたらいいのか。オススメしたいのが積み立てでコツコツと購入するやり方だ。例えば、2015年9月に、日経平均は一時期1万6000円台まで下がったが、そこでも少額ずつしっかりと買い続けていれば、その後2万円に回復した際には大きな利益を得られたはずだ。

 こうした積み立てでの投資を10〜20年と続けてみてはどうか。例えば1年間の上昇率を3%と仮定し、毎月3000円を10年間積み立てると、36万円の投資元本が約42万円になる。そして、株式への投資ならばさらに高い利回りも期待でき、加えて積み立て金額を増やせば、複利効果で得られる利益はもっと大きくなる。30〜50代はもちろん、60代の人でも70歳からの生活資金を蓄える上では、今からスタートしても決して遅くはない。

 ただし、個別株は定額の積み立てが難しい上に、1銘柄の投資額も大きくなりやすい。そこで活用したいのが株式に投資する投資信託だ。株式投資信託ならば、少額から投資が可能。自動積み立てに設定しておけば、銀行口座などからの引き落としで知らず知らずのうちにコツコツと買い増していくことができる。もちろん銘柄の分散もラクラク実現。手数料無料のノーロードファンドもあり、低コストで資産を増やすことが可能だ。

 さらに、長期スパンで考えるならば、値上がり益や分配金にかかる税金がゼロとなるNISA口座を活用するのがいい。実は、大きな利益を狙える株式こそがNISA口座で投資するのにうってつけ。せっかく儲かった利益から取られるはずの約20%の税金がゼロになるのだから使わない手はない。NISA口座を活用すれば、得られる“果実”はより大きくなることも期待できるのだ。

 ただし、一口に投資信託といっても、種類はさまざま。個別株以上に何を買えばいいのか、迷ってしまう人も多いだろう。そこで、次ページ以降では、投資信託の選び方とともに、オススメの注目ファンドもラインナップしたので参考にしてほしい。

 投資信託の積み立ては時間を味方につけることも肝心。自分が投資できる金額と取れるリスクを考え併せつつ、1日でも早くスタートすることが老後の勝ち組への鉄則なのだ。

ダイヤモンド・ザイ編集部がセレクト!
積み立てができる株式型インデックス投資信託

 数多あふれる株式型投資信託の中から、いかに商品を選べばいいのか。まずは、投資対象、投資手法の2つの切り口から考えていこう。

 投資対象には、大きく日本株と外国株の選択肢があるが、投資初心者ならばわかりやすい日本株投資信託から始めるのがオススメ。個別の日本株を保有しているなら、日本株一辺倒にならないよう、投資信託で買うのは外国株のみでもいいだろう。投資経験や保有している商品とのバランスも考え併せ、投資比率を決定しよう。

 投資手法については、インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託の2つに分けられる。

 インデックス型投資信託とは、日経平均などの市場全体の動きを示す株価指数(インデックス)に連動する成績を目指すもので、投資初心者でも値動きがわかりやすく、手数料が相対的に低い。一方、アクティブ型投資信託は、銘柄の選別や運用手法によって、市場平均となるインデックスを上回る運用成績を目指す。運用の手間がかかる分、手数料は高めだが、好パフォーマンスを狙える可能性や、投資のおもしろさという点ではインデックスに勝る。

 どちらを選ぶべきかの結論としてのオススメはインデックス型。たとえば毎月2万円ずつ積立購入をするならば、日本株と外国株に1万円ずつ分散。

インデックスは日経平均および
全世界を基本にアレンジを

 では、ここからは具体的な投資信託について解説していこう。日本株、外国株の投資対象別に注目すべき投資信託を8本挙げた。インデックスについては人気の「eMAXISシリーズ」から、日本の代表的な株価指数に連動する「日経225インデックス」「TOPIXインデックス」に加え、ROEなどの指標から銘柄を絞り込んだ「JPX日経400インデックス」をチョイス。さらに、新興市場にフォーカスする「JASDAQ−TOP20指数ファンド」を挙げた。

※以下すべて掲載されている情報は2015年12月30日現在のものです。また、値上がり率は過去3年の分配金再投資基準価額の値上がり率です。

 外国株では「全世界株式インデックス」「先進国株式インデックス」「新興国株式インデックス」「NYダウインデックス」をラインアップ。

※1 MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
※2 MSCIコクサイインデックス
※3 MSCIエマージング・マーケット・インデックス

 この中から手始めに買うなら、日本株はわかりやすい「日経225インデックス」、外国株なら1本で世界の株式市場に分散できる「全世界株式インデックス」がいいだろう。さらに新興国の比率を高めて成長性を狙うなら「新興国株式インデックス」、高ROE企業に着目するなら「JPX日経400インデックス」、新興市場に興味があれば「JASDAQ−TOP20指数ファンド」を足すなど、インデックス内でのアレンジもアリだ。

 投資はできるだけ早く始めたほうがいい。アナタも投資信託の積み立てをスタートしてみてはいかがだろうか。

 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、個人投資家の人気の投資信託100本の最新の利回りが元本の返還になっていないかどうかを完全判定した「9割が赤字に!毎月分配型投資信託の本当の利回り激辛診断」が載っている。アナタの保有する投資信託の成績をチェックして保有継続か売却かを検討してみて欲しい。もちろん、保有か売却かを見極めるポイントも掲載している。このほか、分厚い別冊付録「1億層下流社会のワナ!下流人生&老後破綻の防ぎ方」付きで、昨年末と比べて約3000円も日経平均が下落している今、底値で株を買うための方法から10万円株のメリットまで、オススメ株とともに大公開している「高配当&好業績の10万円株を底値買い」も。配当利回り4%以上や5万円以下で買える株も満載だ。さらに、「緊急レポート!誰が日本株を売っているのか」「桐谷さんのNISA!過去2年の全成績&今年の勝負株」「新連載!AKB48 in NISA株&投資信託真剣勝負」も必読だ。ダイヤモンド・ザイ4月号も、ぜひ読んでみて欲しい(アマゾン楽天ブックスなら送料無料)。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

【2016年5月時点・最新情報】
◆【ネット証券会社おすすめ比較】
手数料、取引ツールetc.で比較! おすすめのネット証券会社はココだ!

株式売買手数料(指値) ※松井証券は一日定額制の手数料 口座開設
10万円 30万円 50万円
 ◆GMOクリック証券
88円 241円 241円
ネット証券比較!人気ランキング!GMOクリック証券の詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券のメリット】
株式売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、株主優待名人・桐谷広人さんも利用している人気の証券会社。近年は各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、ネット証券で上位5社に食い込むほど急成している。本格派のトレードツール「スーパーはっちゅう君」は株と先物取引の両方に利用できる優れもの。また、商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFD(差金決済取引)まである充実ぶり。CFDでは「日本225」「原油」「米国30」ほか、株式指数、商品(コモディティ)指数、人気の外国株など多彩な取引ができるので、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできて便利だ。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】【GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!】コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
GMOクリック証券の公式サイトはこちら
 ◆カブドットコム証券
90円 250円 250円
ネット証券比較!人気ランキング!カブドットコム証券の詳細情報はこちら!
【カブドットコム証券のメリット】
口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められるのが魅力。「リスク管理追求型サービス」として、逆指値やトレーリングストップなど、自動売買ができる。リスクを抑えつつ、利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ!一方、短期売買に役立つのが板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」だ。「リアルタイム株価予測」を備え、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する。三菱UFJフィナンシャル・グループである点も強み。同グループ関連の指定のETFは、手数料無料の「フリーETF」として、低コストな分散投資に役立つ。その他、スクリーニングツール「kabuナビ」、アナリストレポートは、自分なりに旬の銘柄を探したい人に役立つ。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】【カブドットコム証券おすすめのポイントはココだ!】無料の「フリーETF」や 最強銘柄選びツールの賢い使い方とは?
カブドットコム証券利用者のクチコミPick Up! 評価 ★★★情報量が豊富で、使いやすい画面は初心者にもおすすめ。豊富な取引ツールも魅力です。(30代・男性)
カブドットコム証券の公式サイトはこちら
 ◆ライブスター証券
80円 180円 180円
ネット証券比較!人気ランキング!ライブスター証券の詳細情報はこちら!
【ライブスター証券のメリット】
取引手数料は現物株、信用取引ともにネット証券業界最安レベル
。GMOクリック証券同様、その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、信用取引、先物・オプション取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって行っているので、ぜひ活用しよう。無料の取引ツール「livestarR」は高機能化が進んおり、逆指値ほか特殊注文機能も完備。低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買する頻度が少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社。
【関連記事】一約定ごと10万、30万、100万円で安いネット証券はどこだ?株の売買手数料を比較したら、あのネット証券会社が安かった!
ライブスター証券利用者のクチコミPick Up! 評価 ★★★ ライブスター証券への口座開設から一定期間どれだけ売買しても手数料無料のキャンペーンしていたのでそれで株主優待株をまとめ買いしました。(60代・男性)
ライブスター証券の公式サイトはこちら
株式売買手数料(指値) ※松井証券は一日定額制の手数料 口座開設
10万円 30万円 50万円
 ◆マネックス証券
100 250 450円
ネット証券比較!人気ランキング!マネックス証券の詳細情報はこちら!
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】【マネックス証券おすすめのポイントはココだ!】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券利用者のクチコミPick Up! 評価 ★★★★ マネックス証券のチャート等の情報が豊富で見やすい。オンラインセミナーも充実している。社長やストラテジストの顔も見えるので好感が持てる。(30代・女性)
マネックス証券の公式サイトはこちら
 ◆SBI証券
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気ランキング!SBI証券の詳細情報はこちら!
【SBI証券のメリット】
証券口座開設数300万超はネット証券で1位。そもそも手数料の安さが人気の理由だったが、安いだけでなく、大手ならではの他社に秀でたサービスにも注目したい。たとえば、投資信託の取り扱いは2000本超でダントツ。IPOの取扱いもネット証券で1位。PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合がある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、ASEAN株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には必須の証券会社と言えるだろう。
【関連記事】【SBI証券のおすすめポイントはココだ!】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
SBI証券利用者のクチコミPick Up! 評価 ★★★★SBI証券の「株主優待検索」が便利です。確定拠出年金の運用でも使っています。(40代・男性)
SBI証券の公式サイトはこちら
 ◆楽天証券
139円 341円 341円
ネット証券比較!人気ランキング!楽天証券の詳細情報はこちら!
【楽天証券のメリット】
手数料コースの中に「超割コース」があり、貸株、投資信託の残高、信用取引の残高などに応じて、手数料が段階的に10%・20%・30%と割引になる。取引残高の大きな人ならお得度アップ。取引からニュース、投資情報、入出金などに使えるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名だ。たとえば、「日経テレコン」では日経新聞の記事も読める。また、国内外の多彩な商品揃えも特長。投資信託が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、さらに金の積立投資もできるので長期的な分散投資にも便利。投資に役立つメールサービス「マーケットアロー」や毎日読める投資レポート&コラムは、投資の知力アップにおすすめだ。
【関連記事】【楽天証券おすすめのポイントはココだ!】使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおススメ
楽天証券利用者のクチコミPick Up!】 評価 ★★★★ 楽天証券と楽天銀行間の連携(マネーブリッジ)で預金利率も通常の5倍程度になり、投資信託の残高によりポイントがもらえるので、それで楽天市場・楽天ブックスで買い物できる(40代・男性)
楽天証券の公式サイトはこちら
*1 松井証券の手数料は一日定額制の場合 ※手数料は各社とも税抜

 

手数料の安さやマーケットスピードなどの
取引ツールの使いやすさ、投資信託の取扱い数の
多さなどが魅力的!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

業界最低水準の手数料! 株式の手数料が安い! 投資ツールが充実
ネット証券の最大手、高品質のサービス!SBI証券の口座開設はこちら!

SBI証券
ネット証券の最大手、高品質のサービス

ライブスター証券
業界最高水準のスピード口座開設!

マネックス証券の口座開設はこちら!

マネックス証券
少額投資や積立が便利、米国株も購入可能

SBI証券のおすすめポイントはココだ!⇒関連記事はコチラ! 「1約定ごと」手数料1位関連記事はコチラ! サービスが特色で人気のネット証券大手関連記事はコチラ!
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

増配が続く高配当株
億万長者の投資法
総会みやげベスト48

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【別冊付録:億万長者224人の思考術&儲け方】
桐谷さんがアノ会社の株主総会で吠えた!
・年内の日経平均&ドル・円の上値と底値
・給料は増えない!サラリーマンよ株を買え
・個人投資家が過去1年に買った株&投信40
5期以上連続で増配を継続中の高配当株
・利益の成長で5年後の配当金3倍が狙える株
株主還元に積極的で業績安定の高配当株
人気高配当株の減配危険度メッタ斬り
・高値突破は通過点の最高益更新株20
株主総会のお土産&懇親会ベスト48
・2020年にマンション価格は急落する!
・人気高分配型投信のタコ足分配危険度
・利回り3%超で約60年連続増配の米国株

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

お得な株主優待情報!最新情報、株主優待ランキング!他お得な情報を更新中! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!