世界投資へのパスポート
【第409回】 2016年3月14日公開(2016年3月14日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

米国株は4週連続で上昇! 公共株、素材株が好調。
今後の投資対象にデュポンやマクドナルドなどの
オールドエコノミー株と金鉱株に注目する理由とは?

<今回のポイント>
1.米国株式市場は4週連続で上昇
2.エネルギー、素材株が好調
3.ブラジル、メキシコ株も好調
4.FOMCではドット・プロットがどれほど下がるかに注目
5.オールド・エコノミー株に加え、金鉱株、石油サービス、鉄鋼株にも注目

米国株式市場は4週連続で上昇
年初来の下げをほぼ取り戻した

 先週の米国株式市場はダウ工業株価平均指数が+1.2%、S&P500指数が+1.1%、ナスダック総合指数が+0.7%上昇しました。

 これで米国の株式市場は4週連続上昇したことになります。

 米国株式市場は今年に入ってからの下げを、ほぼ取り戻しました。

 年初来のパフォーマンスは、ダウ工業株価平均指数が-1.2%、S&P500指数が-1.1%、ナスダック総合指数が-5.2%です。

セクター別のパフォーマンスから見ると
いまの株式市場は“典型的な気迷い相場”とわかる

 次にセクター別のパフォーマンスを見ます。下は各セクターETFの年初来パフォーマンスです。

 今年に入って、世界経済が一層減速するのではないか? という不安が出たため、債券高のときに買われやすい公共株ETF(ティッカーシンボル:XLU)や消費安定株ETF(ティッカーシンボル:XLF)が好調でした。このへんは順当だと思います。

 しかし目をひくのは原油価格の低迷でボロカスに言われてきたエネルギー・セクターです。エネルギー株ETF(ティッカーシンボル:XLE)は年初来+3.4%と好調です。

 さらにコモディティ安で苦戦しているはずの素材株ETF(ティッカーシンボル:XLB)も、どっこいプラスになっています。

 景気の先行きに不安があるときに人気になりやすいディフェンシブ(防衛)的な公共株、消費安定株のパフォーマンスが良く、それと同時に景気が上向くときに人気になりやすい素材やエネルギー株のパフォーマンスも良いというのは、何だか矛盾しているように見えます。

 しかしこのような商状は景気後退の最終局面から利上げに転じた際に出やすい、典型的な気迷い相場です。

 私の考えでは今後は景気が強くなってゆくので、だんだんエネルギー、素材、工業などのグループのパフォーマンスが他を引き離すと思います。

 反面、ヘルスケアやテクノロジーのセクターが冴えない理由は、それらのセクターには、いわゆるグロース株が沢山含まれており、現在のような利上げ局面では、株価評価が剥げやすいことが知られているからです。

 したがってこのへんの動きは、まったく教科書通りの展開だと言えます。

 今後もハイテクやバイオ株はダメだと思います。

ブラジル、タイ、インドネシア、
メキシコなどの新興国の株式市場が好調

 さて、年初来のパフォーマンスでもうひとつ目をひくのは、ブラジル、タイ、インドネシア、メキシコなどの新興国の株式市場が好調だということです。

 その理由は簡単で、ドル安になるとこれらの国の経済は息を吹き返しやすくなることが知られているし、またドル安局面ではアメリカの投資家は新興国に積極的に投資することが経験則的に知られているからです。

3月15・16日のFOMCでは
利上げが見送られる可能性が高い

 さて、3月15・16日は米国連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。今回は、たぶん米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートの利上げは見送られると思います。

 みどころとしては声明文の発表の際、公表されるドット・プロットが、どう動いているか? ということです。

 ドット・プロットとはFRBのメンバー各人が、今後の経済や金利の動きに関して、思い思いに自分の予想をグラフに点(=ドット)として書き込むことを指します。それが全体としてどのように動いたか? を見ることで、メンバーたちの考えを知ることができるというわけです。

 ちなみに前回、2015年12月16日のFOMCの際のフェデラルファンズ・レートに関するFRBメンバーのコンセンサス予想は下のグラフの橙色(12月MTG)のようになっていました。

 それによると2016年末の時点でのフェデラルファンズ・レートは1.4%ですから、現行の0.50%に比べて0.9%高いわけです。

 いま仮にFRBが0.25%刻みで政策金利を引き上げたとすれば、2016年末までに合計0.9%分の引上げが実施されるためには0.25%×4、つまり4回の利上げが必要ということになります。

 つまりFRBメンバーたちはコンセンサスとして4回の利上げを去年の末の時点で想定していたということです。

 しかし思い出して頂ければ、12月のFOMC以降、世界の相場は荒れ模様続きでした。IMF他の国際機関が出している世界各国のGDP予想も下がりました。そのことから考えて、今回のドット・プロットでは「2016年末で1.4%」という上のグラフに示された数字が、もっと下がっていると考えるのが自然です。

 たぶん1.0%前後になっているのではないでしょうか?

今後の相場への取組み
オールドエコノミー銘柄に投資を続行

 さて、最後になりましたが、米国株では引き続きゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)ダウ・ケミカル(ティッカーシンボル:DOW)デュポン(ティッカーシンボル:DD)エクソン・モービル(ティッカーシンボル:XOM)マクドナルド(ティッカーシンボル:MCD)など、私がこれまでに何度も言及したオールド・エコノミー銘柄に投資しておけばオッケーだと思います。

 またハーモニー・ゴールド・マインズ(ティッカーシンボル:HMY)などの金鉱株にも引き続き強気です。

 さらに「リスクを取って良い」というアグレッシブな投資家にはアルセロール・ミッタル(ティッカーシンボル:MT)、トランスオーシャン(ティッカーシンボル:RIG)、アルコア(ティッカーシンボル:AA)なども一考に値すると思います。
 

【2017年7月3日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!