ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

退屈すぎる所信表明演説から見えた
菅首相の「官僚依存」と「言い逃れ体質」

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第52回】 2010年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 10月1日、菅直人首相が国会で所信表明演説をした。私はこれを聴き、翌日新聞に掲載された演説の全文を精読した。

 聴いているときも退屈であったが、活字を読むともっと大変で途中で投げ出したくなった。

 残念ながら、演説が人をひきつけないのだ。そう言えば、代表選挙の最後に、小沢一郎氏と共演した演説もそうであった。それはなぜなのか、いずれ別の機会に考えてみよう。

“官僚作文”でダイナミズムに欠けた
菅首相の「所信表明演説」

 今回の演説は、ところどころに首相の言葉を盛り込んでいるが、素地は明らかに官僚の作文だ。用語も言いまわしも官僚が書いたことを示している。

 施政方針演説ならともかく、所信表明演説は首相が自分で書かねばならない。「所信」が借り物では、首相の熱意が伝わらないからだ。少なくとも、自分でタタキ台の草稿を書いて、それを官僚が、具体的な数字や事実関係についてチェックすればよい。

 さて、演説は、官僚作文らしくきわめて体系的に構成されている。それ故に平板で説得力に欠けている。

 やはり「所信表明」なのだから、直面する重要案件を冒頭で述べたほうがよかった。具体的な案件を具体的に述べる過程で、自分の政治に対する基本的な考え方が滲み出れば一級の所信表明になる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧