ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ドラッグストアニュースPick-Up

カワチ薬品&杏林堂薬局
ヘルス&ビューティケア特化型店舗を相次ぎオープン

ドラッグストアニュース
【第19回】 2010年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー

 カワチ薬品(栃木県小山市、河内伸二社長)、杏林堂薬局(静岡県浜松市、渥美文昭社長)と言えば、共通点は600坪超の売場面積を持つ大型店舗の展開。そして、医薬品や化粧品といったドラッグストア(DgS)を代表するヘルス&ビューティケア(H&BC)カテゴリーに加え、食品スーパー(SM)顔負けの食品の品揃えを持つことだ。

 そのような彼らが現在、主力の大型店舗とともに出店している、あるいは、まもなく出店するのがH&BCに特化した店舗だ。以前から食品を絡め、郊外で強い集客力を発揮する店舗を展開してきた両社だけに、背景にどのような戦略があるのか注目が集まるところだ。

 まず、杏林堂薬局が2009年10月18日、本拠地・浜松にオープンさせたのが、杏林堂ヘルス&ビューティスペシャル南浅田店。都市計画に基づき、新しい住宅開発が行われている浜松市南部の工場跡地を整備したNSC(近隣型ショッピングセンター)核店舗として、同じ地元浜松に本部を構えるSM・遠鉄ストア(山口宏規社長)や、衣料専門店、100円ショップともに出店した。

 杏林堂の売場面積は約250坪。SCはオープンモール型で、建屋は各店舗とも独立しており、駐車場などを通じて行き来ができるようになっている。店内は、入るとすぐにビューティのプロモーションが目を引き、通常の杏林堂と何ら変わらない。しかし、明らかに異なるのが取扱商品カテゴリーだ。H&BCは通常どおりフルライン。雑貨もフルラインに近い。しかし調剤はなく、食品は一部の菓子、飲料、調味料は品揃えするが、日配品、酒類の取り扱いはない。

 また8月4日には、杏林堂はヘルス&ビューティスペシャル2号店となる泉店を浜松市内にオープンさせた。南浅田店と同じ遠鉄ストアとの共同出店だが、今回はSMと同じ建屋内で行き来できる、フード&ドラッグ形態だ。売場面積は約220坪。やはり調剤はない。

 ただ泉店では、日配品、酒類はないものの、グロサリーについては既存店に準じた展開だ。全国のこだわり商材を品揃えする遠鉄ストアの売場も面白いが、醤油などはアイテム数で杏林堂が2倍近く上回っており、圧巻だ。処方せん取り扱いはないものの薬剤師が常駐し、OTC第1類をしっかり訴求、カウンセリングの受け皿を担おうとしている。

カワチ薬品は調剤併設で
初のH&BC特化型を出店

 一方、カワチ薬品は9月30日、栃木県栃木市内にSMヨークベニマル(福島県郡山市、大高善興社長)とともに出店する栃木祝町店で、初のH&BC特化型店舗をオープンさせる。売場面積は約250坪。公道を挟んでベニマルとは向かい合っており、厳密には単独店舗に近い構造だ。至近距離にある下都賀総合病院を中心に処方せん応需が期待できることから、調剤併設となっている。

 調剤を除き、実質220坪ほどの面積で展開する物販は、H&BC、雑貨は既存店と全く変わらない。唯一異なるのが、食品の取り扱いが全くないという点だ。飲料や菓子といったコンビニエンス性を踏まえた品揃えも、ほとんどカットされている。

 調剤は、現在1日400枚といわれる下都賀総合病院からの総処方せん枚数のほとんどを、既存の門前薬局3店舗が受けており、どの程度獲得できるか。注目の物販は、初のノンフードタイプが、“食品のあるカワチ”になじんだ地元生活者に受け入れられるかどうかだ。

 カワチ薬品、杏林堂薬局とも、共同出店するSMの要望を受け入れるかたちでの出店だ。自分たちの本来の運営スタイルではないことは確かだが、今後もあるだろう共同出店を想定し、適応フォーマットを模索することになる。


「ドラッグストアニュース」10月号 好評発売中!

企業再編が進むドラッグストア業界。そのような激動の渦中、再編の受け皿を標榜する新たな企業が立ち上がりました。ココカラファインホールディングスとアライドハーツ・ホールディングスが経営統合し、10月1日にスタートした新生ココカラファインは、売上高3000億円、全国に1000店舗超を展開。業界を担う有力企業としてのポジション確立をめざします。第1特集は、ココカラファインの企業戦略を紹介し、ドラッグストア業界の方向性を占う注目の企業特集です。
第2特集は、日本の医療制度そのものに変革を促すジェネリック医薬品にスポットをあて、製薬企業の展開を紹介します。ルールが変わろうとしているヘルスケア&ビューティケアビジネスの動きを捉える「ドラッグストアニュース」、要チェックです!
購読のお申し込みはこちらから

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ドラッグストアニュース

ドラッグストアニュースは、拡大するヘルスケア&ビューティケアマーケットに携わるビジネスパーソンに向けた情報誌。最新店舗情報や企業情報、そして今後ますます重要になる、生活者に自店のファンになっていただくための商品カウンセリング、コミュニケーション情報を満載し、薬剤師や登録販売者など、スタッフのスキルアップをサポートしています。成熟社会が訪れたいま、身近で快適なライフスタイルを生活者に提案するスタッフへビジネスのヒントを届けます。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


ドラッグストアニュースPick-Up

業界情報から消費者トレンドまで、ドラッグストアニュース編集部が日々の取材活動を通じて取り上げる選りすぐりの巻頭ニュース。

「ドラッグストアニュースPick-Up」

⇒バックナンバー一覧