ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日本の地下経済の規模は24兆円!
「ポルノ税」が税収アップのカギ!?

GDPは経済の実体を正確に映していない!?

 唐突ですが、まずはみなさんに1つの疑問を投げかけたいと思います。GDP(国内総生産)はその国で生み出された付加価値の合計で、もっと平たく言えば、その国の経済規模とも表現できます。このGDPは正確にその国の経済の実体を捉えたモノサシだと言えるのでしょうか?

 確かに、GDPはその国の様々な生産活動を網羅した統計データです。
しかし、実際には集計の対象から漏れているケースも少なくありません。たとえば、麻薬・覚醒剤の密売、違法賭博で稼いだアングラマネーや、ソープランドや援助交際による売春で発生した利益、脱税で徴収を免れた資金は未計上です。また、窃盗品の転売による収益も加味されていません。

 さらに、主婦の家事労働や日曜大工、家庭菜園、ボランティア活動もお金の受け渡しはないものの、付加価値は生み出されています。にもかかわらず、集計には加えられていません。つまり、必ずしもGDPは経済全体の姿を正確に映し出す鏡ではないということです。

 GDPの算出対象を「オモテの経済」とすれば、対象外の活動は「ウラの経済」と位置づけられます。そして、「ウラの経済」は主婦の家事労働のような金銭の授受がない活動と、非合法もしくは非合法まがいの活動に大別でき、後者は「地下経済」と呼ばれます。

海外ではイタリア、スペイン、ベルギーなどが対GDP比で20%を超えている!

 どこからどこまでを「地下経済」とみなすかは専門家の間で意見が分かれますが、こうした地下の部分が除外されている分だけ、経済の実体が過小評価されていることは明らかです。日本の「地下経済」はGDPの約5%に及ぶと見られますが、グローバルに見渡すと、その規模が20%以上に達している国も存在しています。

 そこで、たとえばイタリアでは08年に「ポルノ税」を導入して「地下経済」やそれに近い経済活動に税を課し、オモテとウラをうまく共存させるアプローチを試みています。また、ギリシャは「地下経済」の活動も推計したうえでGDPを算出しています。

 こうした「地下経済」の存在は、経済政策の効き目を弱くしたり、税収減につながったりと、数えきれないほどのデメリットをもたらします。ただし、その一方で特に不況期には、雇用の受け皿になるというメリットもあります。

 ちなみに、仮に「地下経済」で大きな割合を占める売春を合法化し、500円の「セックス税」を導入したら、どの程度の税収が見込めるでしょうか?

 応用数学の「待ち行列理論」から推計した1日当たりのソープランドの客数は1店舗につき41.2人で、年間では1万5038人となります。

 したがって、1軒当たり500円×1万5038人=751万9000円の課税に。警察庁のデータによれば08年のソープランドの店舗数は1249軒で、日本全体では751万9000円×1249軒=93億9123万1000円の税収が見込まれます。


●筆者Profile
BRICs経済研究所・門倉貴史さん
慶應義塾大学卒業後、銀行系シンクタンク入社、生保系シンクタンク主任エコノミストを経て、05年にBRICs経済研究所を設立。新興国経済および地下経済に関する著書も多数。中国やインドなどの海外はもちろん歓楽街の取材も積極的にこなす。

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

「史上最高」の株
リッチ老後VS貧乏老後
大反響!米国株

6月号4月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[「史上最高」の株/リッチ老後VS貧乏老後]

◎巻頭企画
プロ12人に聞く
いつ? リスクは? きっかけは何?

日経平均は4万円になりますか

◎別冊付録
大反響!米国株入門の第2弾!
安定老後にピッタリだった!!
桐谷さん米国の高配当株でリッチ老後を目指す!

●なぜ高配当&増配株が多いのか
●高配当をもらい続ける銘柄選びポイント
●安定配当&増配が続くオススメ高配当株

◎第1特集
コロナ禍でも自己ベストを更新した
絶好調の厳選株!
最高益など絶好調の「史上最高」の株

●過去最高売上&最高利益を更新!
「史上最高の好業績株」
●増配記録や配当最高額を更新!
「史上最高の高配当株」
●上場来の高値を更新した旬の株!
「史上最高の高値株」

◎第2特集
リッチと貧乏のリアルな数字が見える!
1万人の老後アンケート
リッチ老後VS貧乏老後

●どう違う?老後の天国と地獄
●リッチVS貧乏「現役時代の過ごし方」
●昭和VS令和「おかねの世代間ギャップ」
●リッチVS貧乏「老後の収支を大公開!」
●老後の生活&金ぶっちゃけナマ告白
●豊かな老後を送るための心がけ

◎第3特集
純資産約1兆円のバカ売れ投信
「未来の世界(ESG)」を解剖!!

買って大丈夫? ESG投信
ESGやSDGsがわかる!

◎第4特集
基礎のキソから誰でもわかる金利のQ&A
●金利の決まり方
●長期&短期金利の違い
●住宅ローンは固定か変動か
●株と金利の関係

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事

DOLSpecial

underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

知っておきたい価値ある情報 ダイヤモンド・オンラインplus

ゴルフ情報サイトOPEN
【ゴルフ情報サイトOPEN】
名門ゴルフ場でプレー 半蔵門ゴルフ倶楽部 名門の条件 東京ゴルフ倶楽部 他
「買い時!」ならば物件探しを
【「買い時!」ならば物件探しを】
新築・土地・中古の物件情報や、住まい探しのノウハウを公開中!

話題の記事

週刊ダイヤモンド

特大号・特別定価号を含め、1年間(50冊)市価概算34,500円が、定期購読サービスをご利用いただくと25,000円(送料込み)。9,500円、約14冊分お得です。さらに3年購読なら最大45%OFF。

ハーバード・ビジネス・レビュー

詳しくはこちら

1冊2,000円が、通常3年購読で1,333円(送料込み)。割引率約33%、およそ12冊分もお得です。
特集によっては、品切れも発生します。定期購読なら買い逃しがありません。

ZAi

詳しくはこちら

年間12冊を定期購読すると、市販価格7,150円が6,600円(税・送料込み)でお得 です。お近くに書店がない場合、または売り切れ等による買い逃しがなく、発売 日にお手元へ送料無料でお届けします。
※別冊・臨時増刊号は含みません。

Keyword

ダイヤモンドZAi 注目記事!

ダイヤモンド・ザイの最新号から注目記事をオンラインで全文読めるようになりました。その他、ネット証券に関するニュースや使いこなしガイドなど、投資に関する情報を日々お届けしています。

「ダイヤモンドZAi 注目記事!」

⇒バックナンバー一覧