ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヒントはここにあった!先端ITで日本企業の未来を変える

デジタルツールを活用する企業は
社員の定着率がいい?

――デジタル・ワークプレイスが企業と社員にもたらすもの(1)

安間 裕 [アバナード株式会社 代表取締役]
【第23回】 2016年12月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

 もちろん、活用の推進のためには本当のよさを実感してもらうために部門単位など小さく導入して、企業文化に合った形で活用ルールなどをブラッシュアップしていく必要もあり、そういったことはどこの企業でもお考えだと思います。

 我々が最近行っているのは、それに加えて人事や経理部門なども巻き込み、狙いとする効果としてのKPIを設定し、モニターする仕組みを提供することです。

 進化したデジタル・ワークプレイスでは、「働き方」についてのあらゆるデータを採取することが可能となっています。

 例えば、人事システムと連動して退職率や従業員満足度調査とデジタル・ワークプレイスの活用度の相関を分析します。海外の事例では、社内SNSで「つぶやき」が多い部門は離職率が低いという傾向が出ています。

 また、デジタル・ワークプレイスの活用度が高い部門は、相対的に従業員満足度が高い、など活用状況をさらに分析すると、社内SNSにおけるフォロワーが多い従業員は、オピニオンリーダーである可能性が高く、新たな会社の方針設定の際などに参考意見を聞くべきメンバーにもなるでしょうし、企業側からのコミュニケーション発信のためのハブとしても頼るべき存在かもしれません。

【図表】 デジタル・ワークプレイスの活用度が高い部門は、離職率が低いことを如実に表している (出所:アバナード)
previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

安間 裕
[アバナード株式会社 代表取締役]

団体系保険会社、外資系商社を経て、1998年にアクセンチュアに入社。その後外資系広告代理店を経て2001年に再度アクセンチュアに入社、アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズの設立に携わり2002年8月に同社代表取締役社長に就任。2009年アクセンチュア執行役員アウトソーシング本部長、2010年執行役員ビジネスプロセス・アウトソーシング統括本部長を歴任。副社長としてフューチャーアーキテクトの経営に携わった後、2014年4月にアバナードに入社。1982年明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒。1959年生まれ。

ヒントはここにあった!先端ITで日本企業の未来を変える

IT業界のフロントランナーである筆者が、日本企業の経営やビジネスの最前線で働く人々に向けておくる連載第2弾。昨今のITで起きていることを、いわゆる「Buzz Word(はやり言葉)」としてではなくビジネスの言葉で解説。客観的データを基にした冷静な分析で、今日から仕事への意識を変えられるヒントを提供する。

「ヒントはここにあった!先端ITで日本企業の未来を変える」

⇒バックナンバー一覧