しかしこのことも、外国人の仕事観に鑑みると理解できる。外国人たちは「目指している方向へキャリアアップしていると感じている間は働く」という仕事観を持っている。言い換えると、会社との関係が良くても、同じような仕事ばかりして、これ以上のキャリアアップはないと感じれば、転職してしまうということだ。

 仕事が自身のキャリアアップに繋がるかどうか、就職の際に仕事の内容と規模を明確に提示されるので、ポジションに就く前に確認することができる。だから、もしチームのボスが突然、「とにかくやれ」「つべこべ言うな」と、問答無用で仕事を割り振るようなことがあれば、外国人たちは必ず反発する。日本人のように、言われるままに滅私奉公的に働くことは決してないのだ。

 特に海外のグローバル企業では、異なる意見を尊重し、議論が好まれることもあり、「なぜ、この仕事をする必要があるのか」「別のやり方のほうが良いと思うが、なぜ指示される方法でしか対応できないのか」と、容赦なく下剋上的な質問や異なる意見が飛び交う。その際、ケンカ腰な口調ではいけない。穏やかに、でもストレートに、ついでに敬意を込めながら交渉すべきだ。

 交渉と言えば、筆者はデロイトコンサルティング時代、外国人の専門コンサルタントの知恵を借りるための交渉で、苦労しまくったことがある。

 グローバル総合コンサルティング会社であったため、経営戦略、業務改善、人事・組織改革、ITなど、とにかくお客様のビジネス改善に関わることすべてに対応しなければならないなか、どうしても各領域の専門の外国人コンサルタントのサポートが必要であった。

 しかし、外国人は先述したように、自分のキャリアアップに繋がる仕事しかしない。しかも1年強も売上ゼロの営業コンサルであった筆者のお願いなど、本気でサポートしてくれる人はごくわずかであった(連載第23回「1年超の「売り上げゼロ男」から脱出!人生を逆転させた最強コミュニケーション術」参照)。

 そこで筆者は、彼らの協力を得るために次のような策を講じた。

 たとえば、「プロジェクトの成功のために、どうしても必要な資料なのだ。あなたのような素晴らしいプロにぜひ協力してほしい」と相手を持ち上げてみたり、「日本企業は最初、小さく始めるが、いったん始めると長期にわたり必ず投資しサポートする」「アジアNo.1の経済大国日本は、これから東南アジア進出が加速する。今、このプロジェクトを成功させることができるのは、将来素晴らしい財産となるはずだ」などと、ひたすらに相手のモチベーションを上げさせるように、最大限にゴマをすった