吊るしのスーツはNG
サイズぴったりを着ろ

(1)オーダーメイドのスーツを作れ!

 ダメリーマンのスーツは、基本的に既製服店の“吊るし”を購入しているため、サイズがフィットしていないことが多いのです。

 吊るしのスーツは比較的安く、手にしやすいのも確か。しかし、サイズや丈の合わないものを着ているだけで、なんとなく仕事ができなく見えるのは、あなた自身の価値を目減りさせているということ。もったいないと思いませんか。

 一方、オーダーメイドともなると何十万円もしますが、それ相応の価値があるものなのです。不思議ですが、着ているだけでそのスーツに見合うだけの人間に見えてくるので、高級なスーツを仕立てるのも一つの手です。

 とはいえ、「スーツを仕立てる元手がない」という方もいるかもしれません。そういう人には、頃良い価格帯の仕立て屋さんをお勧めします。

 たとえば、老舗の「麻布テーラー」では、オーダースーツが4万円程度で仕立てられます。

 自分のサイズにぴったりのスーツだと着心地が全く違い、姿勢がシャキッとするし、気分も上がってきます。そうした効果を考えると、オーダーメイドのスーツも決して高いものではありません。

 そして仕立てたスーツは丁寧に着て、着終わったらきちんと手入れをしてあげてください。これで“ダメリーマン感”は一気に下がります。

 しかし、どんなスーツを選べばいいのかと迷っている人には、次の提案です。