グルメエッセイストになった日

小野瀬 話を戻しますと、天丼のブログは1990年代からです。パソコン通信時代に自分のページを作って、そこで天丼のことを紹介始めました。その後、扶桑社から『en-taxi』という文芸誌が出て、そのなかにリリー・フランキーさんの推薦で食べ物の文章を書くことになり、以後、今に至る、と。去年NHK-FMの松尾貴史さんの番組『トーキング ウィズ 松尾堂』に出していただいたときに、「クレイジーケンバンドのギタリストでグルメエッセイストの小野瀬雅生さん」って肩書きで呼ばれまして、「えっ、いつから俺そんなんになったんだろう」と。打ち合わせもなしに、グルメエッセイストと呼ばれました(笑)。

野地 でも、グルメのキャリア20年ですから。

小野瀬 そうですね。

野地 京都の懐石とかも行ってますね。

小野瀬 はい。京都は友人が色々ナビゲートしてくれるので、いつもお任せしています。高いお寿司屋さんも時には行きます。でも、東京で、ひとりの時は安いもの狙いですね。

野地 武蔵小山のもつ焼き「牛太郎」とか?

小野瀬 名店です。一昨年は週に1回は必ず行ってました。よくそんな暇があったもんだなと思います。今年は全然時間がなくてあまり行ってません。

野地 クレイジーケンバンド(以下CKB)も今年20周年ですよね。グループって、ビートルズなんて実は5年ぐらいしかやってない。CKBは息が長い。

小野瀬 いや、まだ長い人たちはいっぱいいます。サザンオールスターズだって長いでしょう。バンドじゃないけれど、ユーミンも。僕らは売れたのが遅い。やっと20周年って感じです。

野地 実は、僕も本を書いたのは37歳からです。全然、遅い。

本当に安い店の話をしよう

野地 さて、小野瀬さんのグルメ情報のもうひとつのポイントは、全国各地に出没していること。ミュージシャンだから全国ツアーの際に、おいしい店に出かけているのですね。たとえば、岡山の洋食「みち」とか。

小野瀬 そうなんです。そこを訪れると、自動的に行く店があります。岡山の洋食「みち」は豊野丼のマスターとはまた別次元の個性的な店主が営んでいて、平日の11時から14時までしか開いてない、3時間しか営業してないんですよ。それでも、もう40年ぐらいやってらして。

野地 サービスとんかつ定食350円みたいなのところでしたっけ?

小野瀬 それは広島です。「肉のますゐ」。岡山の「みち」はもう少し高いです。

野地 安い店の話をしてください。

小野瀬 肉のますゐはサービスとんかつ定食350円だけで心から満足するのですが、あくまでサービスですから、他にハンバーグや、牛煮込みスープや、寿き焼きを追加して更に楽しみます。そういえば、私はいま350円の料理をテーマにしてコレクションしています。ただ、350円のラーメン屋さんは数ありますから、驚きはない。不動前の「中華こばやし」(編注:第49回に掲載)は、半チャーハンが350円。

野地 私も行きました。日本酒が250円でしたよ。

小野瀬 飲み物で儲けを取らない昔のタイプのお店ですね。

大食い3兄弟

野地 小野瀬さんは、3人兄弟でしたね。

小野瀬 男3人です。

野地 で、みんなめちゃくちゃ食うんですよね。

小野瀬 すんごい食べますよ。僕が一番ちっちゃいんです、3兄弟ですが僕が一番上で。おかずで一杯の食卓でした。鍋物があり、揚げ物が3種類、加えて麻婆豆腐。兄弟3人揃うと、1食でご飯7合ぐらいなくなる。

野地 それは高校時代?

小野瀬 そうですね。僕と一番下の弟8つ離れてますが。で、誰も運動をやっていない(笑)。

野地 だけど食う(笑)。

小野瀬 うち帰ってきてゴロゴロしてるだけなのに、飯は食うという(笑)。そういう家庭でした。

野地 小野瀬3兄弟という小説書いたらどうですか。食うシーンばっかりの物語で(笑)。でも、今、おっしゃった風景は、この連載を読む食いしん坊な読者の夢だと思います。揚げ物が3種類あって、鍋があって、麻婆豆腐があって……。

小野瀬 いいですね。ちなみに食事は、最初からどんぶり飯で食べたい派です。やっぱりご飯と何が合うだろうと考えながら生きています。

野地 僕もダイエットとかしたことあるけど、ご飯やめようと思ったことは一度もないですね。

小野瀬 私も一回やめてみました。ストーンと痩せたんですけど、おそろしい腰痛に襲われて。あとギターを弾いてるときに筋肉にスタミナがなくなって、指が1本ずつ動かなくなってきた。ライブ中におっかない思いをしたので、ご飯は食います。