シェフよりマッサージ師を帯同するバンド

野地 小野瀬さんの文章、小野瀬さんが横で話してるように読めます。だから、食べたくなるのかな、と。評論じゃなくて、示唆とか教唆ですね。横浜は伊勢佐木長者町の茶わんカレーの店、あそこも小野瀬さんのブログを読んで、食べに行きました。

小野瀬 「太源」ですね。カウンターだけのラーメン店です。

野地 あそこ傑作ですよね。

小野瀬 太源、ニンニク入れてくれるんですよね、昔から。「ラーメン二郎」がやるよりもずっと前からやってます。それで、ちょこっとニンニクを入れるのを、「ニンちょこ」って言うんですよ。ニンちょこラーメンくださいって。僕はニンちょこというネーミングが好きです。 

野地 伊勢佐木長者町だったら、CKBがよく行く「龍鳳」もおいしい。でも、大勢でないと。

小野瀬 そう、最低でも4人ぐらい必要かな。

野地 筍山を持ってる中華屋ですね。

小野瀬 はい、山を持ってるようですね。

野地 それも全部小野瀬さんにブログで読みました。あそこで演奏前に食事をするのは楽しそうですね。

小野瀬 演奏後はみんなあたふたと帰っちゃうんで。それに普通は楽屋で弁当でしょう。だから、横浜のライブハウスで演奏する時だけの愉しみです。地方のコンサートだと終わると遅いでしょう。どうしてもご飯というよりお酒になりがちです。演奏が終わってホテルにチェックインして、それから出かけて食事といっても、11時とかになってしまう。だから、何か食べるにしても、その時間に開いているお店で、ということが多いですね。

野地 昔、ユーミンのコンサートに行ったら、シェフがいてバーテンダーまで呼んでました。さすがだな、ユーミンと思った記憶があります。

小野瀬 福山雅治さんもシェフ帯同です。でも、うちのバンドはシェフはいないけれど、マッサージ師は帯同してますよ(笑)。最初に受けるのは剣さんですね。剣さんの疲れをとり、僕の肩を見て、メンバーそれぞれ、ちょっと腰が、足がというのをちょこちょこ診ていく。

野地 高齢バンドだからですか(笑)。

小野瀬 高齢もありますけど、うちはステージでの演奏時間が長い。3時間ぐらいに達することもあるんで、疲れ方が半端ではないんです。連日、マイクロバスで会場に入り、長時間演奏するわけですから。……でも、この対談の〆が、マッサージの話でいいんですか(笑)。

野地 よくないですね。では、マッサージの話はまた他の媒体で、とことんやりましょうか。横山さんも呼んで。