ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

ジョブズ後のアップルを飲み込む
“スマートフォンの大衆化”というレッドオーシャン

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第6回】 2011年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

通信インフラを買わずして手に入れた

 これまでiPhoneは何が恵まれていたのか。いくつかの論点があるが、まずは通信インフラを自由に使えたということが挙げられる。

 iPhoneが登場した頃、スマートフォンはそもそもあまり一般化していなかった。またiPhone以前に存在したスマートフォンは、いずれも通信インフラをジャブジャブと使うタイプのものではなく、PDAや電子手帳の延長といった代物だった。そのため、回線には比較的余裕があった。その余裕を、iPhoneは大いに利用したのである。

 もちろんAppleのビジネス設計の巧妙さもある。彼らは世界各国で、2位・3位あたりのシェアを持ち、潜在的なインフラ拡充能力はあるものの、自らでコンテンツのエコシステムを作りきれず、成長シナリオが描けないような通信事業者に目を付けた。そして半ば独占的にiPhoneを提供させた。

 当該事業者は、端末販売の拡大、契約数の増加、そしてデータARPUの拡大といった、彼らの経営課題を解決してくれるAppleの、半ば言いなりとならざるを得ない。一方Appleとしてみれば、買収等の重い手続きを経ることなく、実質的に通信インフラを手中におさめることができる。

 また、iPhone投入のタイミングも、振り返れば絶妙そのものだった。初期のiPhoneは2G(GSM)のみに対応していたことからも分かるように、(3G化を先んじた日本を除く)先進国の多くがようやく3G(W-CDMA)への移行に重い腰を上げたタイミングを見計らって、iPhoneを矢継ぎ早に投入した。これにより、「もっと快適に」というユーザニーズの拡大を呼び起こし、通信事業者のインフラ拡充をドライブさせる主導権をAppleが握った。

 そしてこれは、「スマートフォンとは(通信サービスも含めて)大体こういうもの」というユーザの認識形成にも一役買った。これによりAndroid陣営をはじめとした後発の事業者たちは、参入直後から高いハードルにさらされることになり、そのキャッチアップは容易ならざるものとなった。

次のページ>> 顧客に恵まれたiPhone
previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧