週刊SPA!で連載中の漫画『ロマンス暴風域』の第1巻が発売された。30半ばの中年男が、風俗嬢に本気の恋をしてしまうというストーリーに、同じく中年男の読者たちはさぞ惹きつけられたことだろう。風俗嬢やキャバクラ嬢の色恋営業に惑わされないための方法を、作者の鳥飼茜氏に話を聞いてみた。(取材・文/清談社)

風俗嬢に恋をした男は
本当に不幸なのか?

風俗嬢やキャバ嬢の色恋営業には騙されたくないが、おいしい思いはしたい。そんな発想の男性は少なくないが…

『ロマンス暴風域』のあらすじはこうだ。

 30代半ばの「佐藤くん」が、ふと立ち寄った風俗店で「芹香」という女性に出会い、恋に落ちる。やがて、店外でも会うようになった2人はこの出会いを“運命”と呼ぶようになるが、ある日芹香から「明日結婚する」という衝撃的な告白を受ける。運命の恋を手放さないために、佐藤は行動に出るが…。

 実はこのストーリーは、実際にあった出来事をもとにして描かれているという。

「詳細は言えませんが、風俗嬢に本気で恋をしてしまった友人がモデルになっています。作中で描かれているエピソードのいくつかは、ノンフィクションです」(鳥飼氏)

 リアルな展開が見どころのこの作品には、様々な感想が寄せられた。序盤で芹香の虚言癖を見抜き、主人公の言動が不憫に思えてくるという人もいれば、芹香がどこまで嘘をついているかわからず、最後まで翻弄されてしまったという声もあがった。

「2人の恋の結末が、ハッピーエンドだったのかそうではないのか。どちらにも取れるように描いたつもりなので、意見が分かれたのは作戦通りだと思っています。必ずしも、白黒つけられることばかりではないはずですから、読者の方々の想像におまかせしています」