健診前の「節制」が
裏目に出た可能性も

 脂肪肝の原因には、酒の飲み過ぎによるアルコール性脂肪肝と、肥満、脂質異常、糖尿病が関与する非アルコール性脂肪肝の2タイプがある。

 さて、麻衣子さんはどちらのタイプだろう。

 実はどちらにも当てはまる可能性がある。

 まずアルコール性脂肪肝。体の中に入ったアルコールのほとんどは肝臓で解毒され、体の外へ排出されるが、この解毒の過程で肝臓の働きに異常が生じることによって、肝臓中に脂肪が増えてたまっていくのがこの脂肪肝だが、一日当たりビール中瓶2本を超えると危ないと言われている。

 麻衣子さんの酒量は1日当たり缶ビール1~2本なのでたいした量ではないように思えるかもしれないが、女性は男性と比べ、肝臓の代謝能力が低い。ほどよい酒量と思っていても、アルコール性の肝障害を起こすリスクは低くない。

 一方、非アルコール性脂肪肝のほうも疑わしい。というのも麻衣子さんは、年に一度、張り切って「節制」を行っている。彼女のいう節制は、休肝とダイエットだ。実はこのダイエットがよろしくない。

 短期集中で、極端な食事制限が伴う急激なダイエットをすると、身体が飢餓状態だと感じて全身の脂肪細胞や筋肉がエネルギー源を放出する。すると、筋肉量が減少して基礎代謝が落ち、生命活動を維持するために消費するエネルギー量ががくんと下がってしまう。

 結果、ダイエットをしているつもりが、逆に肝臓に脂肪が溜まりやすい状況となり、「低栄養性脂肪肝」になってしまうのだ。

 加えて、ダイエットの後は、つい食べ過ぎてしまう。脂肪が溜まりやすい状態に追い打ちをかけるように食事の栄養が入ってくるので脂肪肝が進行すると考えられている。