残業できない、残業を部下にさせられない環境下で生産性を上げていくには、仕事を圧縮していくしかなかった――。3社の外資系企業を渡り歩き、14年間かけて磨き上げてきた「仕事圧縮術」を公開! 新刊『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』から、仕事を小さくしていくことで、「スピード」と「質」を最大化する仕事術を紹介していきます。「労働時間の長さ」「生産性の低さ」に対する課題をどのように乗り越えてきたのか、問題解決に役立つノウハウがあります。

一人でも多くの適材適所人材の知り合いをつくる

岡田兵吾(おかだ・ひょうご)
マイクロソフトシンガポール シニアマネジャー
大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本、アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)のグローバル企業3社で21年間、シンガポール・日本・アメリカをベースに活躍。これまで、アジア全域の新事業開発、業務改善および組織改革に従事。現在マイクロソフトではシニアマネジャーとして、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4ヵ国のライセンス監査業務の責任者を務める。
 また「アジア組織・改革リード」、「CSR(社会貢献活動)委員」等を兼任し、マイクロソフトでの働き方改革を評価されて数々受賞。世界トップレベルのIEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得、同校のアルムナイ・シンガポール支部初代会長。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。
 ダイヤモンド・オンラインにて「STAY GOLD!リーゼントマネジャー岡田兵吾の『シンガポール浪花節日記』」を連載中。人生目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「STAY GOLD!」。著書に、『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(ダイヤモンド社)がある。

 マイクロソフトの最新の社内調査で、売上が高い営業と平均的な営業とでは、社内ネットワークの数に、50%を超える差があるというレポート報告がありました。社内に知り合いが多い営業職の人は、営業でも高い成果を生み出していることが証明されたわけです。

 営業職でなくても、社内の事務系の仕事でも、社内ネットワークの多いことが、仕事の成果につながることは確認されています。

 まずは、社内の知り合いがどんな仕事で何を担当しているのかを、漠然とではなく、事細かに教えてもらって把握しましょう。そして可能であれば、知り合いたちでフォローされていない分野の仕事に携わっている人を紹介してもらい、一人でも多くの適材適所人材の知り合いをつくりネットワークを広げていくのです。

 社内ネットワークは、打ち合わせや社内イベントなどで何度も顔を合わせることで築いていきますが、ポイントは「多くの人と一対一で言葉を交わす」ことです。グループで話しても、「その他大勢」の印象しか残りません。

 他部署の人とは、接点をあえてつくるようにしないと、仲良くなるのは不可能です。

 そして、相談する際にはポイントがあります。

「相談の場には、事前に相談したい内容を1~3枚程度にまとめた資料を用意していくこと」です。資料は印刷したものを持参します。

 自分よりも役職が上の人と打ち合わせをする際は紙の資料を用意するようにと教えてくれたのは、現在は米系ソフトウェア会社のアジア全域の役員として活躍する元マイクロソフトインドネシアのCFOであった私の元上司です。資料にまとめて印刷して持っていくという手法は、思った以上に高印象を持たれます。

 仕事の問題解決においては、ちょっとした解決方法や仕事のコツがわかることが大きな助けになります。また、どうしても自分で解決できないことや苦手なことは得意な人にサポートしてもらうことで効率的に進めることができるものです。

 一人でも多くの適材適所人材の知り合いをつくることが仕事の成果を生むことを念頭に置いて、社内ネットワークを磨くことが必要なのです。

■参考文献
部下の怒声で一念発起!
明日から「残業知らず」になり、「生産性」が爆発的にアップする「仕事圧縮術」