話を聞く限りでは心理カウンセラー自身が冷静さを失っているように感じてしまう。相談者が抱えていた問題は、心理カウンセラー自身の問題であったり、重なる部分があったりしたのかもしれないとはいえ、この対応はどう考えてもレッドカードだ。

モンスター心理カウンセラーに
あたってしまったら?

 この他にも、「『メモを取っているので、もう少しゆっくり話していただけますか?』と何度も言われてびっくり。メモを取るよりも、相談者の話を聞くのが先決でしょ……」(30代女性)、「感情的な言い方をされた」(20代女性)、「見当違いなことばかり話された。会話が成立しなくて驚いた」(30代男性)などの声が寄せられた。

 本稿に集まった「モンスター心理カウンセラー」の共通項は、彼ら自身が主観的になってしまっていることだ。結果、否定したり、自分の意見を押しつけたりと、心理カウンセラーに話を聞いてもらうというより、普段周りの人たちと話をするのと大差ない状況が生まれている。

 望ましいのは、客観的な視点を持つ心理カウンセラーと巡り合うことだ。どんなシーンでも客観的に向き合おうとする心理カウンセラーであれば、相談者に発見や気づきをもたらす場になるはずだから。

 とはいえ、こればかりは相性もある。権威のある資格を持っている、いないにかかわらず、相談者を傷つける言動に走る心理カウンセラーも存在する。実際に対面して会話をしてみない限り、アタリかハズレかはわからない。

 ただ、もし少しでもモンスター的な要素を感じたなら、二度と近寄らないようにするのが賢明な選択だ。わざわざ傷つけられにいく必要はない。自分の問題を解決へと並走してくれる、別の心理カウンセラーをまた探せばいいのだ。