大人気女性パティシエ、
クリスティーナ・トシの言葉

 そうです、ご家庭です。
 子どもの学習を「家庭中心」に据えると、家族のあり方が劇的に変わります。
 好奇心と向学心に満ちあふれた、円満な家庭になれるのです。
 物事は最初が肝心。初めに親がちょっぴりがんばれば、あとは勝手に自立に成功します。
 私のメソッドで一度でも家庭学習を体験したら、家族みんながハッピーになり、考えすぎでうまくいかなかったことがウソのように吹っ切れて、好循環になります。
「子育ては世間の常識どおりにしないといけない」
「勉強も習いごとも、すべてお金を払って外注しないといけない」
 といった間違いだらけの子育てに戻ることは、もうないのです。

 今回、ジュリアードの卒業式で訪れたニューヨーク、休息タイムに、街角のアイスクリームショップに娘と入って、ひと休憩。
 そこは、クリスティーナ・トシという女性パティシエの有名な店で、名物の「シリアルミルク」ソフトクリームは、子どもたちが朝食に、コーンフレークを牛乳に浸して食べますが、そのコーンフレークと甘さの混じった牛乳をそのままソフトクリームにしてしまった、ユニークな視点が大ヒットのスイーツなのです。

 おばあちゃんのそばで小さい頃からおかしづくりをしていた彼女は、ドキュメンタリーで、

「私のつくるデザートは、アメリカの家庭で何世代も続いているものをアレンジしています。
 こうやって若い次世代に伝えていければハッピーよ」

 といった趣旨の発言をしています。