米国では労働力ひっ迫に伴い、新たな肩書で人材獲得を目指す企業が増えている。「カスタマーサービス・ニンジャ」や「セールス・ロックスター」などだ。