西川広人氏
Photo:Reuters

 【東京】日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が先月逮捕される前に、西川広人社長兼最高経営者(CEO)の解任を計画していたことが、事情に詳しい関係者の話で分かった。

 西川氏はこれまで、日産はゴーン前会長による同社資産の不正使用疑惑などを数カ月前から調査し、情報を東京地検に提供していたと述べている。

 前会長は同じ時期、米国市場での販売減速や日本での相次ぐ品質検査不正問題を巡り、西川氏の手腕に不満を募らせていたと事情に詳しい関係者らは明かす。

 ゴーン前会長は数カ月前から日産経営陣を刷新する意向を示し、西川氏を退任させる計画を一部の役員に伝えていたと関係者らは述べている。

 関係者の1人によれば、前会長は11月下旬の取締役会で西川氏の解任を諮りたいと話していた。

 だが取締役会は11月22日、ゴーン前会長の不正疑惑に関する社内調査の結果を受け、前会長を解任した。

 この件について西川氏にコメントを求めようとしたが連絡が取れなかった。ゴーン前会長が経営陣刷新を検討していたことを西川氏が知っていたか、また前会長逮捕のタイミングと日産の内部事情が関係していたかは明らかになっていない。