アップルは「iPhone(アイフォーン)」販売の見通しが悪化する中、急成長しているサービス事業を明るい材料としてアピールしている。