ポテトチップスPhoto:PIXTA

 ポテトチップスなどのスナック菓子。好きでも健康のことを考え、食べるのを控える人は多いはず。最近ではスマホなどのタッチスクリーンのことを気にする人が増えている。

 汚れた指のせいでスマホやパソコンのマウスなどがベトベトになるのは清潔好きにとっては耐えられないことだ。「小さい時は手で食べて指を舐めていた」と語る吉野智貴さん(19)。現在大阪でプロゲーマーを目指している吉野さんは「ある日ゲームのコントローラーが油まみれになって嫌になった」と中学生時代の思い出を話してくれた。

 一部のスナック菓子ファンは昔ながらの手法に解決策を見出している。メディア制作会社で働く岡崎ルビナさん(18)は箸を使うと言う。「じゃないとソファで手を拭くことになるから」

 そんな中、スナック菓子かスマホかという決断を迫られなくて済む解決策が日本で登場した。ネットサーフィンをしながらでも片手で食べられるスナック菓子だ。

 その名も「ワンハンド」。菓子メーカーの湖池屋が開発した同商品は一つ一つのスナックが小さい棒状で、まるでビンに入った飲み物のように流し込める。「人類待望の“手が汚れない”新スタイルスナック登場」と壮大なキャッチコピーで昨年5月から販売されている。