組織スラックを備えた経営の実践と
魂を注入したオフィスづくりを

 クリエイティブオフィスの構築・運用の成否は、経営のスタイルにも依拠する。「経営資源にある程度の余裕、いわゆる『組織スラック(slack)』を備えた経営の実践が必須」と、百嶋上席研究員は語る。

「経営資源をぎりぎり必要な分しか持たない『リーン(lean)型』の経営では、従業員が気軽に集うことができる休憩・共用スペースや、多様な選択肢を従業員に提供するオフィス空間は非効率とみなされてしまいます」(百嶋上席研究員)

 また、同時に経営理念の浸透とワークスタイルの変革を行うことによって、クリエイティブオフィスは真に機能を発揮するようになるという。

「経営トップは、オフィスを経営理念や企業文化の象徴と位置づけ、構築段階において従業員にこれをわかりやすく示し、かつ運用段階でワークスタイルの変革を実施する必要があります。クリエイティブオフィスの基本モデルは、このように経営理念とワークスタイルという各社仕様の“魂”を吹き込んで、初めて起動するのです」(百嶋上席研究員)

 百嶋上席研究員は、「クリエイティブオフィスの考え方を採り入れ、実践している日本企業はまだほんの一握りです。国際競争の土俵に立つためにも、一刻も早くクリエイティブオフィスの構築に着手することが求められています」とアドバイスする。イノベーションが求められている昨今、「働き方改革」を機会にオフィスのあり方を見直すのも一手かもしれない。