英国の平均余命縮むPhoto:iStock/gettyimages

――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 禁煙や心臓病治療の改善もあって平均寿命は大幅に延びたが、それも終わりを迎えたようだ。少なくとも英国では、平均寿命が短くなってきた。

 これは65歳間近の人にとって厳しい現実だが、生命保険会社にとっては予期せぬ現金収入となっている。長期的には一部の米保険会社の利益も増加することになるだろう。米国のプルデンシャル・ファイナンシャルや相互保険のパシフィック・ライフといった企業は英国人が平均寿命よりも長生きするリスクを引き受ける大手再保険会社となってきた。