あらゆる配車サービス大手のバリュエーションが高騰しているというわけではない。  米ウーバー・テクノロジーズが今週開示した新規株式公開(IPO)申請書類は、同業でやはり世界最大級の評価額を誇る中国の滴滴出行(ディディチューシン)を巡る新たな手掛かりとなっている。滴滴はここ1年、さまざまな逆風に直面してきた。  ウーバーは創業7年の滴滴の株式15.4%を保有していることを明らかにした。取得したのは数年前で、中国での激しい価格競争で痛手を負った後のことだ。ウーバーによると、2018年末時点で保有株の価値は79億5000万ドル(約8900億円)相当だった。