フェンダーのアンディ・ムーニーCEOフェンダーのアンディ・ムーニーCEO Photo:SHAYAN ASGHARNIA for The Wall Street Journal

 米国の文化におけるエレキギターの地位は以前に比べて低下した。ヒットチャートの常連だったエリック・クラプトンや全米の注目を集めたジミ・ヘンドリクスのような人物はもういない。エレキギターの売れ行きもかつての勢いを失った。

 楽器の米専門業界誌ミュージックトレードによると、米国の2018年ギター売り上げは金額こそ08~09年の景気後退前を上回ったが、本数ベースでは下回った。エレキギターとアコースティックギターを合わせた18年の販売本数は258万本と、2008年の280万本から減少した。アコースティックギターは18年の販売本数が景気後退前の水準を上回るなど回復しているのに比べ、エレキギターは見劣りする。ベースギターを含むエレキギター販売本数は08年の145万本から109万本に減少した。