沖縄県与那覇前浜ビーチ
沖縄県与那覇前浜ビーチ Photo:PIXTA

 全国的に梅雨が明け、いよいよ海水浴シーズンが到来した。

 そこでダイヤモンド編集部は、環境省が集計した水の汚れを示す化学的酸素要求量(COD、mg/l、複数回測定の平均値)を基に、全国819ヵ所の海水浴場をCODが少ない(=きれいな)順にランキングした。

 数ある海水浴場の中から選ぶ上で、水質の良しあしは最も大切なポイントになるからだ。

 環境省による水質の格付けで、最高位の「AA」を得た586ヵ所を対象にしている。ランキングの中には一部、湖沼や河川といった水浴場も含まれている。長野県や奈良県といった海のない自治体に住む方もぜひチェックしてみてほしい。

上位に多数入ったのは沖縄や小笠原の離島勢

 CODが0.5mg/l未満となり、全国で最も水質がきれいな海水浴場は5ヵ所あった。

 このうち、沖縄県の離島が3ヵ所入った。宮古島(宮古島市)の前浜ビーチは全長7kmに及ぶ白い砂浜と澄み渡る海が高く評価され、東洋でも一、二を争う美しさと称される。このほか、石垣島(石垣市)の真栄里ビーチとクラブメッドカビラビーチも、この水準をクリアした。