デジカメ業界に会心の一撃を与える新iPhoneと新プロセッサ

 今回のイベントのメインはなんといってもiPhone 11とiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxだ。搭載されるプロセッサは最新のA13 Bionic。詳細は不明だがライバルとなるAndroidのハイエンドモデルよりも、そしてiPhone XS/XRよりも高速化したことをアピールしていた。

 iPhone 11とiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの大きな違いはカメラ。iPhone 11にはスマホカメラのトレンドともいえる超広角カメラ(フルサイズ換算13mm f2.4)と広角カメラ(フルサイズ換算26mm f1.8)を搭載。iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxにはさらに望遠カメラ(フルサイズ換算52mm f2)が組み合わさる。センサー解像度はインカメラをふくめ、すべて1200万画素だ。

 防水性能やバッテリーの持続時間、ディスプレイなどに差はあれど、土台となるポテンシャルは同じだ。

 ここで1つの疑問が浮かぶ。ハイエンドモデルにハイスペックは欠かせない条件となるが、数あるスマートフォンの中でも最速の性能をもたせたことに意味はあるのかという疑問が。

 もしあなたがスマートフォンを買ううえでカメラ性能を重視するならば、「意味はあるし、特にiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxを選ぶ価値もある」と答えよう。

 暗い場所でも明るい写真に仕上げるナイトモードは、複数枚の写真を撮ったうえでブレのある部分を省き、シャープに写っている部分を合成するという。光学式手ブレ補正機能では補正しきれないブレを解消するのに、A13 Bionicのパワフルさを利用してするというわけだ。