専業主婦のように当面課税される所得がない方の場合、あるいは60歳を超えた人は、(2)からスタートする要領だ。

 確定拠出年金は原則として60歳まで払い出しができないが、一般NISAないしつみたてNISAにある程度の投資額が貯まると、緊急にお金が必要な場合には部分的に換金できる。そのため、「通常思っているよりも、大きなリスクを取っても大丈夫」な場合が多いことを付言しておこう。若い人は大きな人的資本があるし、高齢になると将来必要な支出の目処が立ちやすいので、よく考えるといずれの場合でもそれなりにリスクを取る事ができるケースが多いはずだ。

 一般NISAが継続されない場合、つみたてNISAに資産を移行できるか否かは不明だが、使える節税投資枠はなるべく大きく使いながら資産運用を続けるといい。

 最後にくどいようだが、もう一言付け加えておく。一般NISAも継続されることが、投資家にとっては好ましい。

この連載の著者、山崎さんと直接会って話ができる!お金について一緒に勉強したい人のためのオンラインサロンが誕生しました。詳しくはこちら