少額から始める個人投資家にとって、
おすすめの投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。
「小型株集中投資」が一番である。

ほとんどの人は、こう思っているのではないか?

「集中投資は高リスクで危険」 「分散投資は低リスクで安全」
「無名企業の小型株は不安定で損する」 「有名企業の大型株は安定して儲かる」

これがあたかも常識のように思われているが、実際のところ「非常識」、大間違いなのである。

分散投資が有効なのは、億単位の資産家のこと。
手元資金が限られる個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。

実は小型株集中投資こそ、低リスク&高リターン。究極の投資法なのだ。

これは大学生のときに知識ゼロから投資を始め、さまざまな失敗を経験しつつも、大きな資産を築いた
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の著者がたどり着いた“投資スタイルの結論”。

基本的な戦略は、1年以内に株価3倍以上になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。
ふつうの会社員でも、控え気味のシミュレーションでも10年あれば1億円つくれる。

著者は大学卒業後、ベンチャー企業に勤めたものの、小型株集中投資で得た資金をもとに26歳で早々に独立。
現在は、1年の半分は国内外を旅行しながら投資をして、悠々自適に自由を謳歌している。

その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。
噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用して欲しい」と頼まれたこともあるが外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。

最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている著者が、自らの投資手法を初公開する。

Photo: Adobe Stock

創業社長が現役

 自分でリスクを負って起業した創業社長は、サラリーマン社長に比べれば、経営に対する覚悟や責任感、影響力のレベルが格段に強いです。

 これは私自身、大卒後に就職したオープンドアというITベンチャーで、創業社長から直接学んだ経験からも断言できます。

 サラリーマン社長を全否定するわけではありませんが、「1年以内に株価を3倍以上に急成長させる」ことを前提に考えると、サラリーマン社長よりも創業社長のほうがカリスマ性をともなったスピード感のある経営判断を下せるので、より急成長する可能性が高いのです。

 創業社長はワンマン経営になりがちではありますが、ビジネス環境が目まぐるしく変化するこの時代において急成長する会社は、大企業のような合議制ではなく、ズバ抜けた存在の創業社長がグイグイ引っ張っていくケースが多いです。

 アメリカではAmazon、facebook、日本ではソフトバンク、楽天などは、巨大企業となった現在も、創業者が現役で会社を引っ張っています。

 その一方で気をつけなければいけないのは、よくも悪くも創業社長の器に会社の命運が左右されてしまう点です。

 なかにはIPO(新規株式公開)で自分の持ち株を売却して、創業者利益を得ることを目的にしているような経営者もいます。

(これは「上場ゴール」と呼ばれています)

 そのため、創業社長であれば誰でもいいというわけではなく、
「この人になら自分のお金を投資できる」と思える創業社長かどうか、しっかりと見極めることが大切です。