少額から始める個人投資家にとって、
おすすめの投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。
「小型株集中投資」が一番である。

ほとんどの人は、こう思っているのではないか?

「集中投資は高リスクで危険」 「分散投資は低リスクで安全」
「無名企業の小型株は不安定で損する」 「有名企業の大型株は安定して儲かる」

これがあたかも常識のように思われているが、実際のところ「非常識」、大間違いなのである。

分散投資が有効なのは、億単位の資産家のこと。
手元資金が限られる個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。

実は小型株集中投資こそ、低リスク&高リターン。究極の投資法なのだ。

これは大学生のときに知識ゼロから投資を始め、さまざまな失敗を経験しつつも、大きな資産を築いた
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の著者がたどり着いた“投資スタイルの結論”。

基本的な戦略は、1年以内に株価3倍以上になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。
ふつうの会社員でも、控え気味のシミュレーションでも、10年あれば1億円つくれる。

著者は大学卒業後、ベンチャー企業に勤めたものの、小型株集中投資で得た資金をもとに26歳で早々に独立。
現在は1年の半分は国内外を旅行しながら投資をして、悠々自適に自由を謳歌している。

その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。
噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用して欲しい」と頼まれたこともあるが外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。

最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている著者が、自らの投資手法を初公開する。

Photo: Adobe Stock

上場して5年以内の会社

 1年以内に株価が3倍以上に急成長する銘柄の共通点として、「上場から日が浅い」ことがあげられます。

 その理由はシンプルです。

 上場(市場から資金調達)して日が浅いほうが、その資金を活用して事業を拡大する「伸びしろ」が大きいからです。

 実力のある会社であれば、上場して調達した資金を活用して、5年以内に業績を伸ばし、株価を上げることができます。

 逆に、上場して5年以内に業績も株価も伸ばせない会社は、その後も伸びない可能性が高いと考えられます。

 ただし、上場して5年以上の会社でも、それまでとまったく違う商品・サービスを展開してヒットさせたケースは例外です。

 たとえば、「ミクシィ」(2121)が、その一例です。

 2006年9月に東証マザーズへ上場した当時は、「mixi」というSNSの花形企業で株価も右肩上がりでした。

 しかし、2010年にSNS世界最大手の米facebookが日本市場に上陸すると、身売り話が持ち上がるまでに業績が悪化。2014年3月期には、2.2億円の最終赤字に転落しました。

 ところが、上場から7年経った2013年9月、スマホ向けゲーム「モンスターストライク(モンスト)」をリリースすると、これが起死回生の大ヒットとなりました。

 そして、2015年3月期の売上高は前期比9.3倍の1129億円と、前期の赤字から329億円の黒字へと一気にV 字回復したのです。

 このように以前とはまったく違う商品・サービスを大ヒットさせて、会社のメインビジネスがかわった場合、実質的には新しい会社に生まれかわった(第2創業)といえます。

 このような例外もあるということを頭に入れつつ、このチェックポイントについては柔軟に考えるようにしましょう。