地元愛が強い都道府県
地元愛が強い都道府県はどこ? Photo:PIXTA

 あなたは地元に愛着を持っているだろうか? 地元に住んでいる人も離れて暮らしている人も、どれだけ愛着を持っているのか都道府県別に調べたのが、ブランド総合研究所の「都道府県の愛着度ランキング」だ。

 では、地元に愛着を持っている出身者が多い都道府県はどこなのだろうか。早速、「都道府県の愛着度ランキング2019」の結果を見ていこう。

 このランキングは、47都道府県と国内1000の市区町村を対象にした、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2019」によるもので、今年で実施は14回目。

 本調査では、各都道府県の出身者に対して郷土愛を「愛着度」(地域と回答者自身の関係性、思い入れ)と「自慢度」(地域と外の関係性・誇り、外部に積極的に情報発信する性向など)の2つに分けて質問。愛着度に関しては、『「とても愛着がある」回答者割合×100点+「やや愛着がある」回答者割合×50点』で算出し、47都道府県をランキング化した(有効回答数:全国3万1369人)。

1位は2年連続で北海道!
鹿児島県が大躍進して2位に

「都道府県の愛着度ランキング2019」1位に選ばれたのは2年連続で北海道になった。「とても愛着がある」(53.3%)と「やや愛着がある」(30.6%)と回答した人を合計すると、83.9%の人が「愛着がある」ことがわかった。

 2位は鹿児島県で、昨年11位から大きく躍進した。点数は昨年の59.0点から66.9点とおよそ8ポイントもアップしている。また、奈良県も昨年32位(50.5点)から7位(63.0点)へと急上昇した。

 下位に目を移すと、最下位は昨年46位の埼玉県となった。2019年は埼玉県を舞台にした映画『翔んで埼玉』が大ヒットしたが、愛着度を上昇させる効果はなかったようだ。