交渉ごとは選択肢があると思わせたほうがむしろメリットが多いとも言えます。他社からも欲しいと思われているぐらいの人こそ自社でも欲しいのです。ただこれは一般的な話で、オーナー系の企業に多いのですが、「この会社に是非入りたいです!」と自信を持って言えるほど、最終面接の前には覚悟を決めて望まないと結果が出ない、少なくとも内定が取りにくい会社があるのも事実です。

 そのような会社ごとの採用方針は、人材エージェントしか知らない場合がほとんどです。ですから、人材エージェント会社の社歴が長く、ノウハウが会社に溜まっているか、社歴が短くても、担当エージェント自身の業界歴が10年ぐらいはあるなど、そうした要素を確認する必要があります。もちろん職歴だけではなく、人材エージェント自身が自分にとってメリットのある動きをしてくれると思えば、それでも良いと思います。

 それでは、実際に付き合うことになる良いエージェント、悪いエージェントはどうやって見分ければ良いのでしょうか?

知識や経験はあるか?アドバイスはくれるか?
良いエージェントはこんな人

(1)自分が受けたい業界、職種についての専門知識、経験が豊富にあるエージェント

 例えば、自分がいま、メーカーに勤務していて、次はネット系の企業で働きたいと考えているとします。その場合、メーカーの情報よりもネット系の情報に詳しい方から情報を仕入れたほうがより適切でしょう。大手人材会社の場合は、法人に営業する方(一般には、リクルーティングアドバイザー)とあなたを担当する方(一般には、キャリアアドバイザー)が分れています。会社ごとにルールがありますので、そのような組織になっているということを理解した上で、担当者に質問をしたり、情報を引き出すことが大事です。

 たまに「担当が良くしてくれないので…」、と不満をもらしている方も多いですが、大前提としてこの人材サービスは、多くが個人からはお金を受け取らない無料のサービスとなっています。無料である以上、上手に利用する必要があります。ただ待ち受けの状態では、適切な情報が入ってくることは少ないと思っていただいてかまいません。

 きちんと自分自身を人材エージェントにプレゼンして、理解してもらい、自分と関わるとビジネスにつながると思わせることが大切です。また良いサービスをしていただけたら、自分の友人も必ず紹介します、というスタンスを示しておくことも大事でしょう。

(2)自分の要望について適切にアドバイスをしてくれるエージェント

 誰にも希望はあると思います。経営者になりたい。海外で働きたい。給料をあげたい。ブランド会社に行きたい。労働時間を削減したい。転職をしたいということは、現状の不満を何とか変えたい気持ちの表れだと思います。希望のうち、全てを叶えることはできないことが多いですが、一部を叶えることはできます。ですから、まずその優先順位をつけることが大事です。