蘇州市にあるかつてはホテルだった建物
蘇州市にあるかつてはホテルだった建物。ベイン・キャピタル・クレジットが入手後、アパートに改装された Photo:Raul Ariano for The Wall Street Journal

【蘇州】中国南東部の都市、蘇州の濁った川のそばに、改装されたばかりのアパートが建っている。宣伝によると家具付きで即入居できる部屋が十数戸あるという。

 9カ月前、ここは汚れた衣類や空の食品容器が散乱する廃れたホテルだった。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が確認した資料によると、元オーナーは未払いの銀行ローンを残して、数年前に姿を消していた。

 2017年、米投資会社ベイン・キャピタル・クレジットが運営するファンドが介入した。債務不履行(デフォルト)に陥ったローンを買い取り、中国の破産裁判所で手続きを進め、債務を解決したうえで、利益を手にした。アリババグループの通販サイト「淘宝網(タオバオ)」で昨春オークションに出品し、1520万元(約2億4000万円)で売却した。

 ハゲタカ投資家の群れが中国の上空を旋回している。ベイン・キャピタルのほか、ブラックストーン・グループ、ローンスター・ファンズ、オークツリー・キャピタルといった大手投資ファンドだ。プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の推定では、世界の投資会社はここ数年、焦げついた中国商業ローンに30億ドル(約3300億円)以上をつぎ込んでいる。

 こうした投資家はディストレスト債権(経営破綻した企業に対する債権)の山を物色し、額面を大幅に割り引いて(大抵は額面の3割~6割)買える企業向け融資を探し出す。投資家の一部によると、不良債権ポートフォリオは、債務返済または転売後のリターンが年率20%を超えることもあるという。

 中国では企業のデフォルトや経営破綻が増加の一途をたどる。企業の借り入れ急増は10年にわたる急速な景気拡大を下支えしたが、このところの景気減速で信用市場はひっ迫し、企業は借り換えが困難になった。これに追い打ちをかけるのが長引く貿易戦争だ。製造業を中心に企業は苦しい状況にある。