ニューヨーク証券取引所などを運営するインターコンチネンタル取引所(ICE)が米電子商取引大手イーベイに買収を提案したことが関係者の話で明らかになった。  買収提案によるイーベイの評価額は300億ドル(3兆3000億円)以上になるともみられている。  関係者によると、ICEは過去にもイーベイに買収を打診したことがあり、最近になって改めてアプローチした。両社は正式な協議は開始しておらず、イーベイが買収に合意する保証はないという。  イーベイの時価総額は280億ドルを超えており、ICEが支払うプレミアムなどを考慮すると、実現すれば大型の買収となる見込み。