米大手投資ファンドのブラックストーン・グループは、市場を上回るリターンを稼ぐためのジョナサン・グレイ社長お気に入りの「公式」に従うことで、世界有数の不動産投資会社へと上り詰めた。すなわち、購入し、リフォームし、売却するのだ。  ただ、同社の不動産部門責任者を務めたこともあるグレイ氏は、このところは一段と抑制的な手法を採用している。それは購入後、あまり手間を掛けず、一定期間保有するというものだ。  ブラックストーンが急速に運用額を伸ばしているこの新分野のファンドは、比較的問題のない不動産に投資し、より着実な(概して控えめではあるが)リターンを提供するものだ。