表情とビジネスの成果は関連がありそうです
表情とビジネスの成果は関連がありそうです(写真はイメージです) Photo:PIXTA

企業の使えるリソースを最大限駆使し、最も効率よく業績を伸ばすためにマーケティングは重要である。しかし、最適なマーケティングに基づいた戦略や営業を展開しても、結果が出ないこともしばしばある。人は感情で動く生き物であり、商談の場面で言葉以外のコミュニケーションにも気を配らなければ、結果は出ない。(AKTANA International LLC プリンシパルコンサルタント 高橋洋明)

そもそもなぜ企業に
戦略やマーケティングが必要なのか?

 前回、私たち営業が、自分の実務に役立つ基本的なマーケティングを学ぶことで、結果を出しやすくできることをお伝えした。前回の内容に補足を加えながら簡単に振り返ってみよう(以前の記事『営業マンにとっても「武器」になる、楽して稼げるマーケティング技術とは』参照)。

 そもそもなぜ企業に戦略やマーケティングが必要なのか?

 それは、「企業には、人・モノ・カネ・時間・情報・知的財産などに限りがある」ため、業績を伸ばすためには、使えるリソースを最大限駆使し、最も効率よく業績を伸ばす必要があるからだ。人もカネも無限にあるなら、戦略もマーケティングもいらない。