営業職でもマーケテイングは「武器」になる
営業職でもマーケテイングは「武器」になる(写真はイメージです) Photo:PIXTA

マーケティングといえば、社内の専門的な部署が行うべきものと考える人が多いが、営業職でもマーケティングの手法を生かせば、立派な「武器」になり、効率的に顧客や売り上げを増やすことができる。(AKTANA International LLC プリンシパルコンサルタント 高橋洋明)

もっと楽に優良見込み客を増やしたいとき
どのような取り組みが可能か

 前回は、

・営業として軽やかに結果を出すには、適切な見込み客を探し、顧客に変えていくこと(前回記事『時間ばかりかかって面倒な「見込み客」を見切る9つのポイント』

 の重要性を一緒に見てきた。

 見込み客が多ければ多いほど、営業としては見込み客から顧客へのステージアップのやり甲斐が出てくるし、自分自身の今後の実績の伸びが予想できる。

 会社から高く評価してもらえることも期待可能だ。だから、営業としては、優良見込み客を1件でも多くほしい。