メルセデス・ベンツ GLE

全幅約2m! GLEが驚きのサイズアップ

 GLEクラス、というからにはEクラス相当のSUVである。けれども7年ぶりのフルモデルチェンジとなった第二世代(MLクラスと呼ばれた頃から数えたなら第四世代)を初めて見たとき、そのデカさにたいそう驚かされた。もう一つ上のGLSクラスなんじゃないか、と思ってしまったほどに。

 そう思った要因は全幅にあった。なんと約2m(フレアフェンダー仕様のスポーツなら2m超)。20世紀に白線を引かれた駐車スペースに複数台のGLEクラスが並んで停まっていたりすると出入りに大いに苦労する、というかメタボなドライバーを拒むスペースの空きしかない。ホイールベースを80mmも延ばしたため5mへと迫った全長と相まって、GLSクラス級の迫力で見る者に迫ってくるのだった。

 もっとも、GLSクラスも昨年フルモデルチェンジしており(日本未発表)、下のクラスから押し上げられるようなカタチでいっそう大きくなったから、ブランド内での“秩序”は確かに守られてはいるのだが。

「メルセデス・ベンツ GLE」ディティールをチェック!

メルセデス・ベンツ GLE
フラッグシップサルーンのSクラス同等の運転支援システムを標準で採用。アクティブブレーキアシストには、右折時に直進してくる対応車と衝突の危険時に、10km/h以下なら自動ブレーキが作動する機能が追加された