【ワシントン】トランプ米政権は国際刑事裁判所(ICC)関係者を対象とした制裁を拡大する。  米政権はロシアによるICCへの影響を懸念しており、アフガニスタンの米軍・情報機関関係者に対するICCの調査にもロシアが関与している可能性があるとみている。  政権当局者は11日、査証(ビザ)発給に関わる制裁を拡大し、ICC関係者への経済制裁を強化したと発表した。制裁の対象人数や時期などは明らかにしなかった。  政権幹部は「米国の度重なる要請にもかかわらず、ICCは政治的動機に基づいた調査を続けている」と述べた。