三浦展,コロナが加速する格差消費 分断される階層の真実
消費論を語る三浦展氏。予定されていた講演がすべてキャンセルになるなど同氏も被害者の一人だ

『下流社会』の著者で消費社会研究家の三浦展氏が、ますます進む日本の下流化に警告を発している。コロナ禍で格差が可視化されるなか、今や日本では「中流以上」と「中流未満」への二極化が進み、しかも二つの間に深い「溝」ができつつあるというのだ。最新の格差論を三浦氏に聞こう。

 *  *  *

 4月下旬、福岡市の高島宗一郎市長はYouTube上で市が運営する「福岡チャンネル」で、同市内の新型コロナ新規感染者の分析結果を明らかにしながら外出自粛を訴えていた。おおよそ、次のような内容だった。

「男性は30~50代が多く、女性は20~30代が多い。特徴的なのは8割が男性、約34%が経営者・役員で、行動歴として夜の繁華街へ行っていた人が多い……」

 三浦氏はこの動画を見て、すぐ非正規雇用者への連想が働いたという。

「詳細なデータがないので確たることは言えませんが、地位のある男性が夜の繁華街へ行ってコロナに感染している。20、30代の女性は非正規雇用者も多く、中には飲食店で接客している人もいます。そういうことが関連しているのかもしれない、と思ったのです」