体の硬さを侮ってはいけません。体が硬いことで生じる体のトラブルは少なくないのです。肩コリや腰痛の原因となったり、ケガをしやすくなったりしてしまうだけでなく、疲れやすくもなりますし、痩せにくい体質となり太りやすくさえなってしまいます。では、どうしたら体を柔らかくすることができるのか。
 そんな疑問に答えてくれるのが、チャンネル登録数50万人を突破した大人気ストレッチ系YouTuberで、理学療法士として病院等でのさまざまな症状のリハビリに従事した経験をもつオガトレ氏。彼の初めての著書であり、どんなに体の硬い人でも絶対に柔らかくなるストレッチを教える『オガトレの超・超・超かたい体が柔らかくなる30秒ストレッチ』から一部抜粋、再構成してお送りします。

Photo: Adobe Stock

肩甲骨まわりが硬くなっていませんか?

オガトレ
オガトレ
理学療法士。ストレッチ系YouTuber
宮城県生まれ。専門学校卒業後、理学療法士の資格を取得し、6年間、公立の急性期病院にて、脳外科、整形外科、呼吸器、がん、スポーツ外来のリハビリに従事。その傍らトレーナーとしてインターハイや国民体育大会へ同行した。その後、訪問リハビリ、フィットネスジムの責任者を経て、現在はYouTuberとして活動している。
「体が硬くて困っている人をゼロにしたい」を信念に動画を配信しているYouTubeでのチャンネル登録者数は開始後1年で30万人を突破し、今も日々伸び続けている。
twitter @ogaryu___
撮影:大沼英樹

 肩甲骨まわりが硬いと、姿勢が悪くなりがち。

 その代表格が猫背や巻き肩です。これらが原因で肩コリや腰痛になることも多いです。

 体を柔らかくするためには、日ごろからよく動くことが大切です。体は動いていないと硬くなっていきます。逆を言うと、動けば動くほど柔らかくなっていくということです。

「もともと体が硬い体質だから……」とあきらめ半分に言う人も多いですが、僕の見解では体の「硬い/柔らかい」というのは、その人の運動習慣と運動量の違いです。普段からよく動いている人は硬くなりにくいものです。

 ガチガチに体を硬くする悪習慣の筆頭が、デスクワークと運動不足です。

 現状では、在宅の時間が増え、体を動かす機会が大幅に減ってしまったという人も多いことでしょう。すると、いつの間にか肩甲骨まわりが硬くなり、肩コリや腰痛の悪化に悩まされたりするものです。

『オガトレの超・超・超かたい体が柔らかくなる30秒ストレッチ』では、体の硬さのレベルを「超硬い」「超・超硬い」「超・超・超硬い」の3段階に分けて説明しています。

 今回は、あなたの肩甲骨の硬さのレベルを「ひじ合わせ」によるチェックで客観的に調べてみましょう。

 このひじ合わせは、実はけっこうキツめのチェックでもあります。まずは両腕のひじを顔の前でつけなければなりませんが、これは背中が硬いと難しい姿勢です。理想は、合わせた両腕のひじが鼻より上まで上がることです。

 肩コリ予防には、肩甲骨が動くことが大事です。ひじがつかない原因は、背中にあります。