ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

“5”でiPhoneに翳りが見えた?
日本勢のラストチャンスはあるのか

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第33回】 2012年9月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

 しかしそれはあくまで時間稼ぎに過ぎない。そして、奇しくもiPhone自身がそうであったように、新たなパラダイムを明確にデザインした他の何かが誕生した瞬間、まるで玉手箱を開けたかのような猛烈な勢いで、陳腐化が進むことになる。

 その試練とどう対峙するのか。アップルに引き寄せて言うならば、その時こそがポスト・ジョブズ体制の、本当の正念場ということになる。そしてそうした製品の開発は、正しくたったいま進められていることだろう。つまり、今こそがスマートフォンの次なる展開を決める、そんな時期なのである。

このビジネスチャンスを生かせるか

 本来であれば、これは大きな好機だ。スマートフォンに対する根本的なニーズがあっても、それを満たすための提案が不足しているのだとしたら、それをカタチにできれば、一定以上の事業機会は自ずと訪れる。

 なにしろアップルが採るであろう戦略も、概ね見えている。かつてのフィーチャーフォン(あるいはかつてのマッキントッシュ)の轍を踏まないよう、今後はハイエンド市場を意識した展開を進めるだろう。ハードメーカーとしてのアップルには、「自分たちにとって最も心地よい顧客と市場シェアの規模」が存在する。彼らもそれはよく分かっているはずで、今後はそこに向けて調整をかけていくだろう。

 一方、「安くてそこそこいいもの」を求める、いわゆるスマホ中間層は、大挙して存在している。にもかかわらずAndroid陣営は、知財戦略のミスやデバイスの調達の難しさからで足下をすくわれ、端末の販売さえも容易ならざる雲行きである。つまり、需給ギャップによる空白地帯が、生じうる状況なのである。

 しかしながら、日本勢に目を向けると、残念ながら「それどころではない」という状況に思えてならない。このままだとHTCやNOKIAあたりがその漁夫の利を得るか、Tizen陣営が伸びてくるか、あるいはどちらも一定程度のシェアしか獲得できず、スマートフォン需要そのものが停滞することにもなりかねない。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧