スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる(設立15年目)。
そのトップが日本人だということをご存じだろうか。
オンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長だ。
全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心で、エリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した、星校長の処女作『スタンフォード式生き抜く力』が発売たちまち話題となっている。
星校長は言う。「本書で伝えたいのは、競争の激しいシリコンバレーで実践されてきた世界最先端科学に基づく生き抜く力です。スタンフォードの精鋭たちが結果を出すためにやっていること、本当の幸せのつかみ方、コミュニケーション力、天才児の教育法までエクササイズ付きで紹介したい。プータローから一念発起してスタンフォードにきて20年ほど、私が学術界の巨匠やビジネスリーダーから実感してきた生き抜く力(The Power to Survive)の源泉は、20年前に思い描いていた“ケンカ上等”でゴリゴリに勝ち上がっていくスタイルとは真逆のものでした。本書の内容はスタンフォード大学・オンラインハイスクールでも教えられてきました。将来的に世界のリーダーになる天才児たちが実際に受けている内容です」
・スタンフォードやシリコンバレーの精鋭が「結果」を出すためにやっていることを知りたい
・仕事やプライベートの「人間関係」をよくするテクニックを学びたい
・世界最先端の科学で実証された「本当の幸せ」を手に入れたい
・できる人の「プレゼン」「話し方」「聞き方」をマスターしたい
・世界中の天才たちが集まるスタンフォードで結果を出し続ける「教育法」を知りたい
・今後生きていくうえで「不安」を解消する方法を身につけたい
そんなあなたへ、10/3午前10時からベストセラー作家・神田昌典氏とオンライン読書会を初めて開催する著者を直撃した。

Photo: Adobe Stock

”Why them and not me?”

星 友啓(Tomohiro Hoshi)
スタンフォード大学・オンラインハイスクール校長
経営者、教育者、論理学者
1977年生まれ。スタンフォード大学哲学博士。東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒業。教育テクノロジーとオンライン教育の世界的リーダーとして活躍。コロナ禍でリモート化が急務の世界の教育界で、のべ50ヵ国・2万人以上の教育者を支援。スタンフォード大学のリーダーの一員として、同大学のオンライン化も牽引した。スタンフォード大学哲学部で博士号取得後、講師を経て同大学内にオンラインハイスクールを立ち上げるプロジェクトに参加。オンラインにもかかわらず、同校を近年全米トップ10の常連に、2020年には全米の大学進学校1位にまで押し上げる。世界30ヵ国、全米48州から900人の天才児たちを集め、世界屈指の大学から選りすぐりの学術・教育のエキスパートが100人体制でサポート。設立15年目。反転授業を取り入れ、世界トップのクオリティ教育を実現させたことで、アメリカのみならず世界の教育界で大きな注目を集める。本書が初の著書。
著者公式サイト】(最新情報やブログを配信中)

さて、「こんな今だからこそ思いやりをさらに重視しよう」というメッセージを送る現代のスピリチュアル・リーダーは、ダライ・ラマだけではありません。

全世界13億人以上の信者がいるキリスト教(カトリック)のリーダー、第266代ローマ教皇フランシスコもその一人です。

それは病に苦しむ人だったり、明るい未来を求めて大きな困難に直面している移民だったり、心に地獄の痛みを抱える囚人だったり、職を見つけられずにいるたくさんの若者だったり。
私が人と出会い、耳を傾けるとき、よく抱く疑問があります。

「なぜ彼らであって私ではないのか?(Why them and not me?)」

私自身、移民の家族に生まれました。
父も祖父も他の多くのイタリア人と同じく、アルゼンチンを目指して祖国を離れ、着の身着のまま取り残される人々の運命でした。
私は、いわゆる今日の「捨てられた」人々と同じ目に遭っても、おかしくありませんでした。
だからこそ、私はいつも心の奥で自問します。

「なぜ彼らであって私ではないのか?」

これは、ローマ教皇フランシスコによる2017年のTED TALKのオープニングの言葉です。

TED TALKは、様々な分野で活躍する人々による短いスピーチで構成される大人気のイベントです。

多くのスピーチ動画がインターネットなどで話題を呼んできました。

特に、年一度のTEDカンファレンスは、世界に名だたるアーティスト、起業家、政治家など各界の有名人や注目株が揃った豪華ラインナップを誇ります。

2017年のTEDカンファレンスは、天才起業家イーロン・マスクも出演。

目玉の基調講演に、ローマ教皇のビデオメッセージがメインステージを飾ったのでした。

冒頭の締めくくりにある「なぜ彼らであって私ではないのか?」のフレーズは、エンパシー、つまり「共感する力」の重要性を世界中に強烈に呼びかけるものでした。

私だったらどうするか。どう感じるか。何を必要とするか。

そうしたエンパシーの気持ちから、他人を思いやることが必要だと訴えたのです。